1. 暮らし
    2. 散財しないための心構え

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    散財しないための心構え

    このライフレシピのもくじたたむ

    毎日一生懸命働いて、やっともらったお給料。

    使わなくちゃやってられないわ~という気持ちになったり、たまにはいいよね、自分にご褒美!という気持ちになったり…することもありますよね。

    でも、無計画に散財してしまうと、あとで後悔してしまうことにもなりがちです。

    そこで、無駄に散財しないための心構えをご紹介します。

    お金の動きを考える

    STEP1:時給を考えてみる

    会社員なら、時給ではなく月給で働いていることでしょう。そのお給料を、時給換算してみましょう。税込ではなく、手取り額でOKです。

    たとえば20万もらっていて、22日7時間半働いているのなら、時給にしたら1212円です。

    STEP2:1か月で使えるお金を日割で考えてみる

    一人暮らしなら、お給料をもらった後に、家賃や光熱費などを引いて使える額というのは決まっていることと思います。

    実家暮らし、結婚している人なども、使い道が決まっているお金と、自由になるお金にわけられますよね。

    自由に使えるお金の額がわかったら、それを日割にしてみましょう。

    たとえば6万円で30日なら、1日2000円です。

    STEP3:その上で、散財の価値があるかどうかを考える

    時給がわかった。1日で使っていい金額もわかった。その上で、今買おうかなと思っているものは、それだけの価値があるかどうか、一度立ち止まって考えてみましょう。

    上記の例の場合、2万円のものを買うためには16時間、2日以上働かなくてはいけません。また、1日2000円しか使えませんから、2万円使ったら、あと9日はお金が使えないことになります。

    今欲しいと思っているものは、それだけ価値のあるものだろうか?と一度考えることで、衝動的に買ってしまうという事態は避けられると思います。

    おわりに

    お金が入った時の衝動買いは、概して無駄な物、あってもなくてもよいものを買ってしまいがちではないかと思います。

    自分のところに来ては去っていくお金の流れを考えることで、散財を避けることが出来ると思います。

    お金を貯めて使う、目標をもつのもよいと思います。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人