1. 趣味
    2. 猫が掻いてもらうとうれしい場所

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    猫が掻いてもらうとうれしい場所

    猫と仲良くなるためには、「痒い所に手が届く人間」になる事が手っ取り早い方法です。

    ただし、いつでも・どこでも・どんな猫でもOK、ではありません。ある程度あなたと信頼関係が築けている猫に限ります。

    猫が痒い場所はどこか

    では、猫が掻いてもらうとうれしい場所はどこなのでしょう。

    首回り

    あごの下から背中側までの首回りは、たいがいの猫は掻いてほしい場所ベスト3に入れているはずです。

    首回りを掻いてもらうことに慣れている猫だとこちらがわざわざ掻く場所を変えなくても猫自身が顔をグルグル回します。

    耳回り

    耳と耳の間の額や、耳の後ろなども掻いてやると喜びます。

    掻く側としては耳の後ろの毛などは特別に柔らかいので、いつまでも掻いていたい気持ちにさせてくれます。

    尻尾の付け根

    背中側の尻尾の付け根も、猫側の人気は高い部分です。ここは掻くだけでなく、軽くトントンとしてやっても喜ぶ猫がいます。

    尻尾の付け根を掻きだすと、まるで背伸びをするように後ろ足で爪先立ってお尻を持ち上げたりします。ただし、ここは猫にとっても敏感な部分ですからあまりやりすぎると興奮してふいに咬みついてきたりします。

    少数派ながらここも気持ちがいいという場所

    少数派になると思いますが、他の猫が嫌がってもその猫には気持がいいという場所があります。

    ヒゲの根元

    猫のヒゲの根元にはたくさんの神経が集中しているため非常に敏感な場所でもありますが、猫の中にはここを掻いてもらうことをとても喜ぶ場合があります。

    おなか

    おなかは他の動物に傷つけられると致命傷になる弱い部分ですから触られることを嫌う猫が多いのですが、中には、おなかを掻くというよりさすってもらうことが好きな猫がいます。

    おなかをさすってやると、手も足も広げた大の字になる猫もいるほどですが、長時間さすり続けるとクルンと丸まって咬まれたりしますから注意しましょう。

    おわりに

    猫が力を抜いた甘噛みをしたり、その場から立ち去ろうとするような「もうやめて」という意思表示をしたら、すぐにやめてやるのも猫に嫌われない方法です。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人