1. 暮らし
    2. 寒くてたまらないときはドライヤーでココを温めよう

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    寒くてたまらないときはドライヤーでココを温めよう

    暖房をつけていてもなんとなく寒かったり、ストーブの前から動きたくない寒い日には、この方法であったまってみてください。暖房を離れて動き出す気力がわいてくるはずです。

    秘密兵器はヘアドライヤー。ドライヤーの温風で背中をあたためてあげます。身体全体をすばやくあたたかくしたいときは、背中にある「大椎(だいつい)」や「風門(ふうもん)」を中心にあたためるといいですよ。

    あたためたいツボとは

    大椎(だいつい)

    首を前に倒すと、首の後ろに丸い骨が飛び出します。このすぐ下にあるのが大椎です。

    風門(ふうもん)

    首を前に倒すと、首の後ろに丸い骨が飛び出します。この骨から、下に2つ目と3つ目の背骨の骨の突起の間から、左右に指2本分のところにあります。

    ツボの位置がきっちりわからなくても大丈夫です。

    用意するもの

    • ヘアドライヤー

    ツボのあたため方

    ツボの周りをめがけて、ドライヤーであたためてあげます。

    STEP1:ドライヤーの位置を決める

    ドライヤーの吹き出し口を上着の下に来るようにします。ゆるめの服を着ているときにしましょう。

    吹き出し口は熱くなることがあるので、肌に直接触れないように気をつけてください。下に、下着や薄いシャツなどを着ているほうが安心です。

    STEP2:温風を出す

    温風を弱く吹き出します。

    ドライヤーを身体に向けると、やけどする恐れがあります。身体に平行にして、服と身体の間を温風が通るようにしてください。

    STEP3:30秒以内であたたまる

    ドライヤーの温風で体がほかほかになります。温風が気持ちよくて長々あったまりたいと思いますが、30秒くらいにとどめましょう。

    長くドライヤーをかけると、肌をやけどしたり服を傷める可能性があります。お肌も乾燥してしまいます。

    おわりに

    ストーブや暖房をつけるまででもないけど、少しだけあたたまりたいときや、外から帰ってきてすぐにあたたまりたい!というときに便利です。また、このツボのまわりにカイロを貼っておくと、ぽかぽかが持続しやすいです。寒くてたまらない日に、試してみてくださいね。

    Twitterで紹介!

    (image by 写真AC)
    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人