1. コミュニケーション
    2. ビジネスマンとして恥をかかないためのエレベーターマナー

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ビジネスマンとして恥をかかないためのエレベーターマナー

    ビジネスマンはエレベーターに関わる機会が意外と多いものです。上司と乗り合わせたり、お客様を迎えたりすることがありますが、乗降の順番やどの位置に立つのかなど細かい部分は知らない場合もあります。

    ビジネスシーンで恥をかかないための、基本的なエレベーターマナーについてご紹介いたします。

    ポイント1: お客様との乗降

    乗るとき

    お客様が一人のときには、手でドアを押さえて先に乗っていただきます。複数のときには、「お先に失礼します」と先に乗りこみ、開ボタンを押すようにします。

    降りるとき

    降りるときは、お客様が必ず優先です。ドアを押さえるか開ボタンを押して、お客様が降りるのを待つようにします。

    乗降の優先順位は、お客様、上司、自分です。開ボタンを押すときだけ先に乗り込みます。

    ポイント2: エレベーター内での注意点

    エレベーターの中にも、上座と下座があります。操作パネルに近いほうが末席、下座となり、エレベーターの奥側が上席となります。

    満室であったり、他の利用者がいるときなどはマナー通りにいかないこともありますが、なるべくお客様や上司が上座の位置に乗ることができるよう誘導するのが良いでしょう。

    もし、自分が途中から乗り込んだときに上司や目上の方がおられた場合は、「私がかわります」と笑顔で一声かけて、さりげなく立ち位置を交代するとスマートです。

    自分が操作パネルの前にいる場合、途中で乗り込んできた人に、「何階ですか」と一言聞くようにしましょう。

    ポイント3: 社会人として忘れてはいけない注意点

    待つときの立ち位置

    エレベーターホールで待つときには、降りてくる人の邪魔にならないようにするため、ドアの前に立たないように気をつけましょう。

    他の利用者への配慮

    お客様や上司と一緒であっても、他の利用者への配慮を忘れないようにしましょう。

    エレベーターは基本的に降りてくる人が優先です。また、乗り込むときもお年寄りや乳幼児を連れた人、怪我をしている人が優先になりますので、周囲をよく確認しましょう。

    おわりに

    エレベーターは他の利用者と一緒の場合が多いので、臨機応変な対応が求められる部分です。

    この情報が、みなさまのビジネスライフにお役に立てることを心から願っております。

    Twitterで紹介!

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人