1. 暮らし
    2. 切符を紛失してしまったときの対処法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    切符を紛失してしまったときの対処法

    朝から電車に乗ったときや、普段乗り慣れない電車に乗ったとき、切符を改札で取り忘れてしまったり、電車の中で落として紛失してしまったことってありませんか?

    切符って小さいので紛失しやすいと思います。そんな時、冷静に対処できるように、どうすればいいかご紹介します。

    他にもこんな対処法が!
    切符を紛失したときの対処法まとめ

    ポイント1: 紛失したと気づいた時点で

    切符を紛失したと気づいたのはどこでしょうか。もし、乗車中なのであれば、すぐに電車を降りて、駅員さんに相談しましょう。すでに目的地についているのであれば、目的地の改札前駅員さんに相談しましょう。

    長時間電車に載っていた場合や、乗り継ぎを複数回行った場合、切符を紛失したことを証明できなくなったりします。気づいた時点で、できるだけ早く駅員さんに声をかけるようにしましょう。

    ポイント2: 経路を確認する

    • どこから乗車したか
    • どこで乗り換えたか
    • いつから乗車しているか

    上記3点だけは必ず切符を紛失した時点で確認できるようにしましょう。もし、定期など別途持っている場合、普段乗車している駅を証明することができるので、同時に提出するとよいです。

    携帯などで、出発駅から検索した履歴が残っている場合、それを見ながら説明してもOKです。駅員さんに報告しやすいように、しっかり調べておきましょう。

    ポイント3: 友達などの切符の提出

    もし、友達や家族と一緒に切符を買っていれば、その方も一緒に報告に立会いましょう。切符売り場で「○人分」と言うようなボタンを押して購入している場合、その購入履歴から証明されます。

    おわりに

    一番は紛失しないことですが、紛失してしまってはどうしようもありません。

    でも、改札で取り忘れたことによる紛失の場合、大抵証明できるので(切符を取り忘れた駅に記録が残っています)再度、乗車料金を払う必要はありません。

    また、電車の中の紛失であっても、違和感のない乗車情報であれば、乗車料金を全額支払わなくてよかったりします。

    落ち着いて、誠実に自分が購入した切符の情報を駅員さんに伝え、相談してみましょう。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人