1. 暮らし
    2. 花束をオーダーする際に失敗しない方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    花束をオーダーする際に失敗しない方法

    花束を誰かにプレゼントしたいとき、また自宅用にちょっとしたブーケでも買いたいと思うとき、そのオーダー方法に迷うことはありませんか?

    お花に元々詳しい方なら良いのですが、そんな方ばかりとは限りませんよね。具体的な花の名前も知らないし、予算もどれくらいが妥当なのかも全くわからない方も多いと思います。

    今回は誰でも簡単に花束をオーダーでき、失敗せず希望通りの花束を手に入れるためのコツをご紹介します。是非参考にしてみてくださいね。

    自分好みの素敵な花屋を見つける

    花屋といっても数多くありますよね。きっと家のご近所や職場近くにも無数の花屋があることでしょう。

    まずは、自分に合った花屋を見つけることから始めて下さい。

    • ディスプレイのセンスが良い
    • 店員さんがいつもニコニコして対応が良さそう
    • 花の種類が豊富そう
    • 個人経営でアットホームなイメージ

    など、自分が素敵だな、利用してみたいな、と思う花屋を見つけてみてください。

    自分に合った花屋を選ぶことが出来れば、出来上がりの花束もきっとより自分好みのものに近づくはずですよ。

    イメージを具体的に伝える

    花束をオーダーすると、「どのような感じになさいますか?」と聞かれることが多いですよね。でも素人には「こんな感じで」と具体的に言えるほど情報量がありません。

    もしかしたら漠然としたイメージはあるかもしれませんが、それを伝えるのも難しいものです。

    次に、出来上がりの花束をより自分の理想や好みに近づけるためのオーダー方法をご紹介します。

    用途

    まずは、何のための花束か伝えてください。その用途によっても花束の大きさや選ぶ花、色合いなども大きく変わってきます。

    • お見舞い用
    • 自宅用の飾り花
    • ちょっとした手土産
    • お誕生日祝い
    • 彼女へのプレゼント

    など、是非具体的に店員さんに用途を伝えましょう。渡す相手の年齢層などによってもきっと選ばれる花は異なることでしょう。プロのアドバイスを聞くのにも良いきっかけになります。

    予算

    そして花束の予算はいくらくらいなのか伝えてください。既に予算が決まっている場合には、その金額を伝えても良いしょう。その花束の金額相場がわからない場合には「いくらくらいのものが人気がありますか?」と、直接値段を聞いてみても良いと思います。

    自分の予算をはじめに伝えることで、後々予算オーバーということにならないようにできます。

    イメージ

    ここからが本番です。更に具体的なイメージを伝えることが大切です。

    • 好きな色

    渡す相手の好きな色がわかっていれば伝えてみましょう。

    • 好きな花

    渡す相手の好きな花が一種類でもあれば、それを入れてもらうと良いですね。

    • 相手のイメージ

    渡す相手のイメージを伝えるのもお薦めです。「天真爛漫な感じの女性」「とってもお花が好きなおばあちゃん」「花をもらったら恥ずかしがるような男性」など、相手のキャラクターを伝えると、店員さんもよりイメージが湧くものです。

    • 出来上がりのイメージ

    「元気を出してもらえるようなイメージで」「部屋がぱっと明るくなる感じ」「センスが良いと思われる感じ」など伝えるのも良いでしょう。更に自分の理想の花束に近づくコツです。このように、自分のイメージを伝えられれば、より自分の理想の花束に近づくこと間違いなしです。

    そして、万が一理想と違っても、店員さんに正直にその旨を話し、作り直してもらっても構いません。自分が納得いくまで、相談することも大切ですよ。

    おわりに

    この記事を読んでいただき、皆さんが花束をオーダーしたくなって下さったら幸いです。是非近いうちに、花屋を訪れてみてはいかがでしょうか?

    (image by 足成)

    このライフレシピを書いた人