1. 暮らし
    2. 地震や台風等で避難する場合に備えておきたい持ち物

    地震や台風等で避難する場合に備えておきたい持ち物

    例年台風や地震による被害が、各地で発生していますよね。最近では火山による被害のニュースが報告されています。この様にいつ身近で災害が起こるかは誰にも分からないものです。

    だからこそ、イザという時に慌てなくていい様に最低限必要な持ち物は日頃から緊急時に備えておきたいですよね。そこで、今回避難する場合に備えておきたい持ち物をご紹介します。

    緊急時に避難所に持っていく食料など

    緊急時は水が出ない場合もあるので、のどが渇くものは出来るだけ避けた方が良いです。ただしカロリーは結構消耗するので、高カロリーの食べ物がオススメです。2~3日分は用意した方が良いと思います。

    水 

    一人1リットルは必要だと思います。家族分の水は用意しておく方が良いでしょう。

    すぐ食べれる食料

    乾パンや缶詰(焼き鳥など)また、災害時はカロリーを消耗する事が多いので、チョコレートなどの高カロリーのものがオススメです。

    ビタミン・薬品若干

    ビタミン不足になる事もあるので、タブレットもしくはサプリメント、また頭痛薬と胃薬を常備しておくと安心です。

    食料以外で持っていくと便利な物

    懐中電灯・ラジオ

    単三電池使用の小型ライトと乾電池を用意しておきましょう。ラジオ付きランタンなどは便利です。

    携帯電話など

    非常時、携帯電話は繋がらなくても緊急時に連絡が取れる場合がありますので、持っていったほうが良いです。また、電池式の携帯用の充電器を用意しておくと良いと思います。

    靴やスリッパなどの履物

    窓ガラスが割れた時に裸足で歩くのは危険です。靴やスリッパは枕元付近においておくと良いと思います。

    衛生用品

    下着・洋服一式・靴下・生理用品・バスタオル・タオル・マスク・ビニール袋・ティッシュ・トイレットペーパーなども用意すると良いでしょう。

    身分証明書や保険証(コピーでも良い)

    もし、自分が直接災害に遭い意識不明もしくは重体の状態になった時、身分証明書があると良いと思います。何かあった時に他の人が家族に連絡することもできます。

    その他

    ライター・冬だと防寒できるもの(毛布やカイロなど)また、カセットコンロや小さい鍋、レトルト食品などを用意しておくと便利です。

    おわりに

    他にも、例を挙げればキリがないですが、あまり荷物が多くなるのも考えものです。災害の状況に合わせて、短期避難・長期避難の両方の災害に備え、それぞれ違うバッグや袋に入れておいたほうが良いと思います。

    もちろん阪神大震災などの大災害の場合は、荷物よりも自分の身の安全を優先にしてください。

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ