1. 趣味
    2. オフィスでできる3つの10秒プチ運動

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    オフィスでできる3つの10秒プチ運動

    このライフレシピのもくじたたむ

    デスクワークの息抜きやストレス解消、そしてダイエットに、座りながらできる10秒プチ運動を取り入れてみてはいかがでしょうか?

    今回は、誰でもできる3つのオススメ10秒プチ運動をご紹介いたします。オフィスの皆に気付かれにくいから、仕事を邪魔してしまうかも、などという気遣いも無用です。

    3つの10秒プチ運動

    1:ふくらはぎ&ふともも

    ふくらはぎのプチ運動は、背伸びをする時のように、つま先だけ床につけて足を持ち上げます。足の裏に痛みやツッパリを感じるようなら、あまり無理せず、足を少し下ろしてください。

    ふともものプチ運動は、足全体を浮かしてください。両膝をつけて行うと効果的ですが、慣れないうちは片足ずつ行いましょう。慣れてくると、両膝をピンと伸ばした状態を長時間保てるようになります。

    ふくらはぎ、ふともも共に、椅子の背もたれに寄りかからずに行うと、より効果的!

    2:お腹

    腹筋のプチ運動は、下腹に力を入れた状態を一定時間保ちます。

    背筋を伸ばすことで、背筋も鍛えられます。背もたれに寄りかからずに行うと、より効果的!

    呼吸を止めると血圧が上がってしまいますので、無理なく息ができる程度のゆるい力で行いましょう。

    3:腕

    資料や本を読むときは、それらを机に置くのではなく、肘をデスクや肘掛けから離した状態で資料を浮かせて持つと、腕が鍛えられます。コツは、腕を脇から少し離すこと。そうすることで、腕だけで本を支えられます。

    重い本ほど効果的ですが、はじめのうちはA4程度の雑誌を両手で持つくらいがオススメです。

    普段、頬杖をついている方は、姿勢も改善されて一石二鳥!?

    おわりに

    まずは10秒サイクル(10秒運動・10秒休憩)の3セットからはじめて、慣れてきたら少しずつ時間を伸ばしていきましょう。

    継続は力なりですが、決して無理をしてはいけません。ご自分の体調や仕事の都合に合わせて、マイペースに行ってください。

    プチ運動を上手に取り入れて、ビジネスライフを今まで以上に楽しみましょう!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人