\ フォローしてね /

皇居外苑の和田倉噴水公園を楽しむ5つのポイント

東京メトロ二重橋駅、都営三田線大手町駅のD2出口の階段を上ると右手に和田倉濠があり、その先に木々が見えます。100m程進むと「和田倉噴水公園」の入口です。東京駅の中央口からも500m程の皇居外苑の一角です。

お勧めポイントを紹介します。

ポイント1:休憩室やウッドデッキ等憩いの場がある

上の写真は警視庁音楽隊の演奏風景です。演奏している場所はいつもは、ウッドデッキの休憩や喫煙ができるスペースで、警視庁音楽隊の後ろにある建物には、トイレと飲み物の自動販売機のコーナーがあります。

右側に見える建物が、ガラス張りの休憩室とレストランです。ウッドデッキや休憩室やレストランからは公園全体を見渡せるようになっています。

無料で利用できる休憩室には、中でお弁当等を飲食できるスペースがあります。公園内の各所に石のベンチや石のスツールが設置されています。

ポイント2:和田倉噴水公園の歴史を知る

休憩室には和田倉噴水公園のなりたちや皇居外苑の自然などを解説するインフォメーションコーナーがあります。

昭和36年に今上天皇陛下のご結婚を記念して大噴水が建設されました。現在の和田倉噴水公園は皇太子殿下の御成婚を機に、「継続性と新たな発展」をテーマに民間協力も得て再整備して平成7年に完成したものということです。

ポイント3:四季の花と皇居外苑風景を楽しむ

公園を管理する方の手入れが行き届き、いつ行っても四季折々の美しい花々や植物を目にする事が出来ます。公園の噴水やモニュメント等の水も定期的によく管理され澄んでいてとても美しいです。

和田倉噴水公園の昼時は、丸の内で働く人たちの憩いの場で、それぞれ思い思いの場所で持参したお弁当をひろげます。雀が巣へと餌を運ぶ光景なども目にすることがあります。

ポイント4:噴水やモニュメントや水辺を楽しむ

地下鉄D2出口に近い公園の入口をからから見ると正面に今上天皇の御成婚記念の大噴水があり、正面奥には、皇太子殿下御成婚記念に再整備された長さ30mの水のモニュメントがあります。

大噴水やモニュメントは一定時間ごとに動きを変え訪れた人たちの目を楽しませます。大噴水とモニュメントを結ぶ水辺やウッドデッキとガラス張りの建物の前にも水辺があります。水辺はの水は澄み美しいです。

特に夏の暑い日にはこの公園に来ると周囲の気温より2~3度涼しく感じ、生き返った気がします。

ポイント5:ライトアップされた夜景を楽しむ

夜の噴水はライトアップされ、とても幻想的です。ライトアップされた噴水とオフィス街の灯りが相互に影響し美しい光景です。

皇居に向かうと夕暮れ時の巽橋は夕日が映えて綺麗です。

文字通りのオアシス

和田倉噴水公園は都心とは思えないほどさわやかな緑に溢れ鳥のさえずりが聞こえる場所です。お近くにお勤めの方も、普段は皇居方面には来ない方も、一度訪れてみることをお勧めします。リフレッシュできます。

(image by nenepi)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。