\ フォローしてね /

新聞や雑誌の束が崩れない簡単なしばり方

新聞や雑誌を資源ごみとして出すときや、古紙回収のときなどに重い束をひもでしばるときがあります。でも、せっかくしばったのに持ったとたんに分解したり、もって行く途中でゆるくなって崩壊したり…。そんな悲劇をなくすために正しいしばり方を覚えてみませんか?束がそれほど重くないなら、この方法がとても簡単です。束を動かさずに十字に結ぶことができます。
nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi
  • ここがオススメ!

    新聞や雑誌をヒモでたばねる時に、重たくてもゆるんだり崩れたりしにくい、楽チンなしばり方です!

  • ここが助かる!

    束が重いときも持ち上げずに十字に結べるので、力の弱いお子さんや女性でもできます。

  • 補強できる!

    強度が心配ならもう1回、同じ工程でしばれば格段に頑丈に!

このライフレシピのもくじたたむ

やりかた

STEP1:ひもをαの形にしておく

ひもを「α」の文字の形にして床におきます。輪の部分は大きめにしましょう。

STEP2:新聞をのせる

十字に重なったところに、新聞や雑誌の束をのせます。

STEP3:輪の部分にひものはじを通す

αの輪の部分に、片方のひものはじを通します。

STEP4:ひものはじ同士を結ぶ

ひものはじ同士を結べば出来上がりです。

強度が心配なときは、もう一回十字にひもをかけてください。

ポイント

しばるときの失敗で多いのは、一度置いた束を持ち上げてひもを下に通そうとするときに崩れてしまうことです。

この方法だと動かさずに十字に固定できるので、しばっている途中で崩れる心配がありません。

Twitterで紹介!

(image by PIXTA)
(image by nanapi編集部)
(イラスト by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。