1. 暮らし
    2. 雑誌や新聞を崩れないようにヒモでしばる方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    雑誌や新聞を崩れないようにヒモでしばる方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    雑誌や新聞紙が溜まってしまった時、ビニール紐などでしばってゴミに出したり保管したりしますね。

    しばり方が緩いと、すぐに崩れてしまうものですが、上手にまとめる事が出来ていますか?

    ここでは、筆者がかつてデパートで勤めていた時に教わって以来、実生活にずっと役立っている荷物の「ひもかけ」のやり方をご伝授いたしましょう。

    「ひもかけ」のコツ

    ポイントは、常に力を入れてピンと引っ張りながらやる事です。力が弛むとヒモも弛みます。

    STEP1

    雑誌や新聞を出来るだけ四角くまとめます。まとめて置いたら、下にひもを通します。

    STEP2

    下に通したひもを角で一回くぐらせて、力を入れてぎゅっと結びます。

    STEP3

    もう一回下にくぐらせます。

    STEP4

    同じように角で下をくぐらせて、ぎゅっと結びます。

    一回通して結べばOKです。固結びにはしないで下さい。

    STEP5

    角でぎゅっとした結びの部分を緩めずに真ん中に持ってきます。そのまま交差させて十字になるように、今度は縦方向に雑誌束の下にくぐらせます。

    STEP6

    帰ってきたひもを、真ん中で一回くぐらせて同じことを繰り返します。

    STEP7

    最後は角でぎゅっと縛って結んでください。

    最初にも書きましたが、ポイントは常に力を入れてヒモを張った状態でいる事。ぎゅっと縛る時は、一回一回「角で決める」事です。

    おわりに

    上手に出来そうでしょうか。これが出来るようになると、引越しの時や、大物の買い物をしてヒモを掛けて持ちたい時などにも役立ちます。

    大変便利な技なので、ぜひ使えるようになって実生活にお役立て下さい。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人