1. 暮らし
    2. 自炊初心者のための「ふきん」の知識

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    自炊初心者のための「ふきん」の知識

    自炊初心者の方は何から何まで初めてなので、特に細かいところははじめのうちは気にとめることができないかもしれません。

    しかし、細かいけれど重要なのが「ふきん」。暖かい季節になると細菌も心配です。ふきんを清潔にしていなければ健康にも害を及ぼす可能性があるので、今回は「ふきん」の知識をご紹介したいと思います。

    ふきんは最低3種類準備する

    ふきんの用途はさまざまです。家庭によっても違うと言えますが、基本的にふきんは最低3種類準備しましょう。

    用途や場所によってきちんと使い分けるのが大切です。

    どれがどれか分からなくなる場合があるので、ふきんに油性マジックで用途を書いておくのも1つの手です。

    書かなくても覚えておける人は、色違いのふきんを使用しましょう。

    1:食器用

    洗った食器や鍋を拭く用です。

    使ったとはすぐに洗わなくて良いのですが、できるだけ頻繁に(可能であればその日のうちに)「ふきん用石けん」などで手洗いしましょう

    2:調理用

    野菜の水気をきったり、野菜やまな板の汚れをふいたりする調理用ふきん。この調理用ふきんは、他のふきんと比べてもこまめに新しいものと替えましょう。

    3:台ふき用

    調理台やテーブル台をふく台ふき用ふきんです。

    できれば「油汚れコンロ周り用」もつくりましょう

    食器用、調理用、台ふき用の3種類あればとりあえず充分ですが、コンロ周りや電子レンジの中といった「油汚れのところ」「汚れがひどいところ」などはまた別にふきんを準備しておくと便利です。

    台ふきをキレイに保つことができ、衛生的です。

    洗い方・頻度

    ふきんは濡れていると雑菌が繁殖しやすいのできちんと洗ってしっかり乾かしましょう。前述のとおり、調理用ふきんは特にこまめに洗いかえること。

    食器用、台ふき用ふきんもその日に使った分は洗剤や殺菌性の高い「ふきん用石けん」で洗って乾かします。

    黄ばんだりシミがついてしまったときは、漂白剤やキッチンハイターを薄めた液に浸します。

    その後よくすすぎ、しっかりと乾かしましょう。乾かす場所は室内がよいです。

    使い古したものは新しいふきんに替えましょう。古いものは掃除用としてリサイクルしてください!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人