1. 料理
    2. 自炊初心者のための出汁(だし)講座

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    自炊初心者のための出汁(だし)講座

    nanapi

    料理本に、「出汁」って書いてあるけど、一体何?って思ったこと、ありませんか?わからないから水でいいや…って人、いませんか?

    「出汁」とは、簡単に言うと、昆布やかつお節などを煮出して漉した汁のことをいいます。

    そんなの、いちいち作るのは面倒だよ!って思いますよね?でも、粉末状の「だしの素」を水に入れるだけの簡易だしで代用できるんです。

    え?お店に粉末状の出汁がたくさんあってわからない?では、基本的な出汁の種類とその用途についてご紹介します!

    昆布出汁

    野菜の和え物や煮物など、素材の味を引き立てたいときに使います。

    個人的におすすめなのは、昆布だしの親子丼!やわらかい風味が、鶏と卵によく合います。

    かつお出汁

    最もよく使われている出汁ですね。味噌汁やめんつゆなど、出汁をしっかり味わいたい、出汁が主役ってときに使います。

    混合出汁

    一般的に、昆布とかつおを合わせた出汁のことをいいます。とても上品でうまみのぎゅっとつまった味です。万能でどんな料理にも合うので、出汁はいつもこれを使っている、って人も多いです。

    なので、迷ったらコレを使っておけば間違いないです!

    まずはこの3つを覚えておけばOK!

    その他、煮干の出汁や、椎茸の出汁などもあるのですが、最初はこの3つ、「昆布」、「かつお」、「混合」だけ覚えておけばOKです!

    料理に慣れてきたら、煮干を使ったり、椎茸を使ったり、食材によって違う出汁の味を楽しんでいきましょう!

    また、さらに慣れたら、粉末を使わず、イチからかつお節を煮出して出汁を取ったりしましょう!きっとその素朴で優しいおいしさに、びっくりすると思います。

    おまけ

    中華や洋食にも、「出汁」にあたるものがあります。中華の場合は、「中華だし(鶏がらスープ)」。洋食の場合は、「コンソメ」。

    スープとして使われることが多いのですが、他にも用途はあります。例えば、チャーハンに中華だしを入れるとコクが出ますし、チキンライスにコンソメを入れると風味が豊かになります。

    幅広く使えて料理がワンランクアップする「出汁」、ぜひ覚えて使ってみてくださいね!

    (image by 足成)

    このライフレシピを書いた人