1. 暮らし
    2. 革靴の洗い方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    革靴の洗い方

    このライフレシピのもくじたたむ

    革靴。皆さんも一足は何かしらお持ちなのではないでしょうか?この革靴、一般的には「水分はダメ!」とか「湿気は大敵!」とか言われていてなかなか「洗う」という発想に行き着かない方も多いとは思うのですが…

    でも実は革靴って洗えるんです、しかもご自分で

    これまで、それ程高くない革靴でもクリーニングに出していらっしゃったり、洗えなくてそのままにしていらした方、次のお休みにでも革靴の手洗い、一度試してみてはいかがでしょうか?

    というわけで今回は、革靴の洗い方について紹介させて頂きます。

    用意するもの

    • 革靴の汚れ落とし専用クリーナー
    • 同じくクロス
    • バケツやタライなど
    • 雑巾
    • 革靴専用洗剤
    • 木製のシューキーパー、または新聞紙
    • 靴クリーム
    • 古いコットン生地(使い古しのTシャツなど)、または乾いた布を何枚も
    • 保革剤
    • 革靴用ワックス
    • 使い古したパンスト

    お手入れ方法

    STEP1:汚れを取る

    まずは紐を外します。そして、表面に付いている古いワックス等の汚れを専用のクリーナーとクロスで落とします。

    STEP2:湿らせる

    使い古しの布で構わないので、水を含ませそれで靴を湿らせます。いきなり靴を水に入れてしまっても良いようなのですが、水ジミが出来るかもしれないということなので初心者の皆さんは布で湿らせましょう。

    STEP3:洗う

    水を含ませたスポンジに革靴専用洗剤を付け、革靴の表面を洗っていきます。表面はスポンジの柔らかい面で優しく洗ってあげてください。中は汚いのでごしごし綺麗に洗ってください。

    スポンジを使用する際は間違ってもヤスリの部分を使わないこと!スポンジの部分で優しく擦りましょう。

    STEP4:すすぎ(拭き取り)

    すすぎには2種類の方法があり、ご自分のお好きな方を選んでください。

    まずは、軽くさっと水をかけ、泡を落とす程度にすすぐ方法です。もう一つは、使い古しの布で浮き出てきた汚れを取るという方法です。

    革靴専用の洗剤には保湿剤が含まれているそうです。なのでしっかりすすがなくても良いようなので、さっと水をかけるか布で拭き取る程度で構わないということでした。

    どちらかというと、高い革靴やお気に入りの革靴などは布で拭った方が水ジミを防げますので良いのかな、と思いました。

    STEP5:水分を拭き取る

    乾いた布や雑巾で軽く表面を叩くように水分を拭います。靴の中も良く拭いてください。

    その後、新聞紙、または木製のシューキーパーを靴に入れ、風通しの良い場所で2~3日陰干しをします。革底の靴でしたら、底にも通気性が持てるような場所で。

    新聞紙を入れる場合は靴の中にパンパンになるくらいまで入れてください。形を整えなければいけないので。そして、翌日に中に入れた新聞紙を総て取り替えることをお忘れなく!

    STEP6:靴のケア

    十分に乾かしたら、靴のケアをします。痛んでいる場所に使い古しの布(この時は綿繊維の物がオススメ)で靴クリームを塗っていきます。

    全体的に薄く伸ばしたら、色のはげている場所には特に強めにクリームを塗ってください。塗り終わったら綺麗な布で磨きます。

    通常のお手入れの際には靴クリームは1度塗れば十分ですが、今回は洗ってすぐで乾燥していますので2回ほど塗ってもいいかと思われます

    STEP7:靴底のケア

    革底の靴には洗い終わったら保革剤を塗りましょう

    この時は布に含ませて塗り込むより指で塗った方が良いようです。

    STEP8:ワックスを塗る

    クリームや保革剤が乾いたら、最後に専用のワックスを塗り込みます。これもクリームのように薄く伸ばすようにして塗り込み、使い古しの綺麗な布で余分なワックスを拭き取ります。

    STEP9:仕上げ

    最後にパンストで磨いて完了です。お疲れ様でした。

    おわりに

    革靴の洗い方はこのような感じで行えば良いようです。初心者の方や大切な革靴の手洗いに挑戦しようとする方は、水ジミを付けないように、靴を水に浸けない方が良いような気がします。

    せっかくの革靴です、大切に長く愛用してあげてください。

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人