\ フォローしてね /

冷めてもおいしい!ツナ焼きサンガの作り方

簡単に出来て冷めても美味しいツナでつくるサンガの作り方を紹介します!本来は、いわしやあじなどの青みをすり身にして作るものらしいのですが、簡単にツナで作ってみましょう。ツナなら臭みもなく食べやすいです。

また味が濃いめで、冷めてもおいしく頂けるのでパパのお弁当のおかずやおつまみにぴったりです。

材料 (小さいアルミカップ5~6個分)

  • ツナ缶 1缶
  • ネギ 1/3本
  • 味噌 小さじ1
  • 卵 半分
  • 小麦粉 小さじ2
  • 片栗粉 大さじ1/2

作り方

STEP1: 材料の準備

ツナ缶は油を切り、ボールなどにうつして、フォークなどを使って身を細かくほぐしておきます。

ネギは縦に十字に切ってから、細かく小口に切っていきます。

STEP2: 材料と調味料を混ぜる

ツナにネギ、味噌、卵、小麦粉、片栗粉を加えて、よく混ぜ合わせます。

STEP3: 焼く

2をアルミカップに等分に詰めます。表面を平らにならすように詰めて下さい。

トースターに入れて7~8分、こんがりと焼き色がつくまで焼きます。

おわりに

どちらかというと、大人な酒のさかな的な味です。パパのお弁当に是非試してみて下さいね!!

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。