1. 料理
    2. 冷凍うどんを使った簡単でおいしい釜玉うどんの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    冷凍うどんを使った簡単でおいしい釜玉うどんの作り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    冷凍うどんはお湯を沸かして放り込めば、すぐに食べられて便利ですよね。ちょっとお腹が空いた時に、時間に余裕がない時に、すぐに作れて、しかもおいしい冷凍うどんを使ったレシピをご紹介します。

    今回のレシピは釜玉うどんです。だしを用意する手間がかからないので簡単に出来上がります。熱いうどんにカツオブシをたっぷりかけることでかつおだしがでておいしくなります。

    材料 (1人分)

    • 冷凍うどん:1玉
    • たまご:1個
    • カツオブシ:小分けパック1袋
    • しょうゆ:適量
    • 刻みねぎ:適量
    • ゴマ:適量
    • 刻みのり:適量

    作り方

    STEP1:

    お湯を沸かし冷凍うどんを茹でます。出来るだけたっぷりのお湯で茹でるのがコツです。冷凍うどんは凍っているのでお湯に入れるとお湯の温度が急激に下がってしまいます。たっぷりのお湯を用意し、お湯の温度を出来るだけ下げないようにしましょう。少ないお湯でゆがくと、うどんのこしがなくなってしまいますよ。

    STEP2:

    湯がける直前に、丼に茹で汁を入れて丼自体を暖めておきましょう。湯がけたらお湯を切り丼に移します。うどんが出来るだけ冷めないようにすばやくお湯を切ってください。

    STEP3:

    うどんの上にたまごを割りいれ、カツオブシ、刻みねぎ、ゴマ、刻みのり、しょうゆをかけたら、全体にたまごがまわるようにかき混ぜ完成です。

    おわりに

    STEP1でも書きましたが冷凍うどんをおいしく食べるにはたっぷりのお湯で湯がくことが最も重要です。出来るだけ大きい鍋を用意しましょう。

    釜玉うどんはたまごを湯がきたてのうどんに絡みつかせることで、たまごに少しだけ火が通った状態になるのがおいしさの秘訣です。たまごが固まりきらず、かといって生でもない状態がたまごの一番おいしい状態です。

    たまごかけご飯とうどんが好きな人なら絶対に好きな味だと思います。是非お試しください。

    お好みで天かすやおろししょうがをかけてもおいしいですよ。

    このライフレシピを書いた人