1. 暮らし
    2. 白いシャツを黄ばませない洗濯方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    白いシャツを黄ばませない洗濯方法

    白いシャツは、きれいに洗濯したつもりでも、いつの間にか黄ばんでしまっていることがありますよね。

    黄ばみの原因は落とし切れていない皮脂汚れが酸化したものだそうです。

    この皮脂を落とす洗濯の仕方と、黄ばみをできるだけ落とす方法をご紹介します。

    用意するもの

    • 洗濯用洗剤
    • 酸素系漂白剤
    • ポイント用洗剤(えりそで用)
    • 衣類用のり

    黄ばみの落とし方と予防方法

    黄ばみの元を落とす

    黄ばみの原因は、汗と一緒に大量についた皮脂汚れです。

    皮脂汚れをきちんと落とすことが大切ですが、残念ながら、皮脂汚れは水では落ちません。

    そこで、必ずお湯を使います。40~50度のぬるま湯がベストです。

    ぬるま湯に酸素系漂白剤と洗濯用洗剤を併用して洗います。こうすることで、黄ばみの元である皮脂汚れが落とせます。

    えりやそでなど、特に皮脂汚れが付きやすい部分は、ポイント用洗剤を塗りこんでから洗濯するとより効果的です。
     

    漂白剤にも塩素系・酸素系とあります。注意して選びましょう

    ついてしまった黄ばみを落とす

    ついてしまった黄ばみは、つけこみ漂白で落とします。

    ぬるま湯に、酸素系漂白剤を入れて、シャツをつけこみます。時間は30分くらいが適当です。その後、そのまま洗濯します。

    また、木綿や麻などの熱に耐えうる素材の場合は、「煮洗い」が効果的です。

    大きな鍋に水と洗剤とシャツを入れて火にかけ、沸騰したら弱火にし、そのまま30分くらい、時々かき混ぜながら煮込みます。その後は普通にすすぎましょう。

    洗濯表示をよく確認の上、作業を行ってください。

    黄ばみを防ぐ

    黄ばみを予防するために、洗濯用のりを使うと効果的です。

    すすぎの時に一緒に入れて、全体をのり付けするタイプのものと、アイロンをかける時にスプレーするタイプのものがあります。

    のり付けしておくと、生地がコーティングされるので、皮脂汚れがしみ込んでしまうのを予防できます。

    おわりに

    いずれも、家庭でできる簡単な方法をご紹介しました。

    くれぐれも、洗濯表示を確認の上、作業を行うようにしてくださいね。

    このライフレシピを書いた人