1. コミュニケーション
    2. 第一印象が良い人から学ぶ、初対面の印象を良くする6つのコツ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    第一印象が良い人から学ぶ、初対面の印象を良くする6つのコツ

    「第一印象が良い事」は、得なことですよね。就職やアルバイトの面接では圧倒的に有利です。もちろん、コンパでも有利です。政治家を目指す人は印象で票を勝ち取ります。

    「ひと目ぼれ」と言う言葉がありますが、まさに初めて会った時から好印象を持たれる人はいます。反対に初対面の時から、なぜか印象の悪い人もいます。

    その差は一体どこにあるのでしょうか?第一印象の良い人とは、どのような人なのでしょうか。ここでは、あなたの第一印象を良くし、今後の人間関係を円滑に進めていく方法を考えていきましょう。

    初対面の印象が良い人の特徴

    あなたの周りの印象が良い人を観察して、良い所を学んでいきましょう。

    清潔感がある

    「ちょっと不潔っぽい」と言う人でも長く付き合っている内に良いところが見えてくる人はたくさんいます。しかし、第一印象の良さは、清潔感で決まります。

    「小奇麗な格好」をしている人が良い印象を持たれる事は間違いありません。

    別に高い服を着なければならないわけではありません。無精ヒゲが生えている。シャツがヨレヨレでズボンから出ている。髪がボサボサ。そんな人には初めから好印象は持てませんよね。

    笑顔が良い

    いっぱいの笑顔で自分を迎えてくれる人は、対面する人に「自分の事が好きなのかも」と言う印象を与えます。

    男女関係なく同性同士でも、自分に良い笑顔を向けてくれる人に敵意は持てません。笑顔は最強の武器になります。

    明るい口調

    無表情に暗い声で「こんにちは」と言われて好印象を持たれる事は、どんなイケメン・美女でも難しいですよね。

    笑顔で明るく「こんにちは」と挨拶できる事が大切です。初対面の印象は最初の「こんにちは」で、90%決まると言っても良いでしょう。

    明るい表情

    笑顔、口調、と共に明るい表情は、好印象を持たれます。これは顔の造りの問題にもなってしまうのですが、頬と口角を上げるように心がけましょう。目がトロンとしているのも良くありません。

    「そういう顔なんだから」と思われる方もいるかも知れませんが初対面の一瞬だけでも「良い表情」を作りましょう。鏡に向かって練習する事をお薦めします。

    名前を覚えている

    一度会っただけで名前を覚えてくれ、何か話す時には自分の名前をまず呼んでくれる人に対して、人は「大事にされている」と感じます。

    新しい職場に入った時などは、まず人の名前を覚えて、質問する時は名前を呼んでから話しかけるようにしましょう。

    落ち着いている

    どっしりした態度の人は信頼感を呼びます。初対面の時、表情以外で気になるのはその人の「動き」です。

    頻繁に髪をいじくっている。手をひっきりなしに組み替えている。キョロキョロしている。「人の話、聞いてるのかよ」と思われても仕方ありませんね。

    この手の行動には身についてしまっているクセがあります。入社を控えている方は入社の前にご家族などに注意してもらって直していく努力をしましょう。

    鏡をみよう

    あまり鏡を見ないという方は、もっと見るように心がけましょう。自分の姿に無頓着になってはいけません。人の目に自分がどう映っているか気にする事は、初対面において大切なことなのです。

    あまり自分に関心がないと言う人は、特に男性に多いようです。ある意味「男らしい」人ではありますが、第一印象は、それでは好印象を持たれないのです。少しで良いので自分の外見に関心を持ちましょう。

    おわりに

    いかがでしょうか。当たり前の事ばかりのようですが、全て大切な事です。どんなに性格の良い人でも、第一印象だけは「見た目」で決まります。

    今後、深く良い付き合いをしていくためにも、まず第一印象を大切にしてくださいね。

    (Photo by 足成)

    このライフレシピを書いた人