1. 料理
    2. 育ち盛りを満足させる!食べ合わせ最高のお弁当レシピ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    育ち盛りを満足させる!食べ合わせ最高のお弁当レシピ

    このライフレシピのもくじたたむ

    育ち盛りのお弁当は、量もバランスも、毎日大変ではないでしょうか。おかずをバランス良く入れてあげたいですよね。

    そこで今回は、育ち盛りにぴったりなメインのお弁当レシピと、一緒に合わせるとバランスがとれる副采も一緒にご紹介します。

    メインのおかず

    まずはメインのおかずです。やはりお肉をメインにすると、スタミナにもなりますし、ごはんのおかずとしてボリュームがでるのでおすすめです。

    豚肉・鶏肉

    豚肉には、ビタミンB2やタンパク質が豊富に含まれていると言われています。鶏肉にも、筋肉をつけるためのタンパク質が豊富です。

    特に玉ねぎ、ねぎと炒めると効果的です。体力増進になったり、疲労回復にもよいと言われていますので、運動などをする方のお弁当にはぴったりです。

    味付けは塩コショウだと、さめた時に味が薄くなってしまいますので、オイスターソースなどで濃いめの味つけをするのが良いと思います。

    副采

    つづいては副采です。メインのおかずはすぐに決まっても、副采ってなかなか思いつかないですし、組み合わせまで気にしたりすると、大変ですよね。

    今回は上記でご紹介した、豚肉や鶏肉をメインにした場合に適している副采をご紹介します。

    じゃがいもとパプリカ

    ビタミンCは、単独ではなく、組み合わせることで摂取できると言われています。特にビタミンCを多く摂取できるのが、じゃがいもとパプリカです。

    じゃがいもは、小さく切って電子レンジで3分程温めると、火が通りますので、パプリカと一緒にフライパンで炒め、塩コショウ、カレー粉で味付けするのがおすすめです。

    おひたし

    さて、メインのおかずに、副采が決まったところで、少し野菜が足りないかな?と思った時のもう一品。「おひたし」です。白菜やほうれん草、小松菜を適当な大きさに切って、めんつゆにひたします。そしてかつお節をふりかけて、軽く揉みこみます。

    あとは一晩、タッパにいれて、つけておくだけで、しっかりと味がしみ込み、おひたしの完成です。作りおきしておいて、あともう一品などと言う時につめると、便利です。

    おわりに

    いかがでしょうか。あとは、定番のたまご焼きなど入れると、ボリュームも、栄養もばっちりです。たまごやきに、白ゴマなどいれると、手軽にカルシウムがとれて良いと思います。

    少しでも参考にしていただけたら、幸いです。

    photo by 著者

    このライフレシピを書いた人