1. コミュニケーション
    2. 就職面接で気を付けたいビジネスマナー

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    就職面接で気を付けたいビジネスマナー

    就職面接では、受け答えの内容も大切ですが、ビジネスマナーができているかどうかも評価の対象になります。

    そこで、当記事では就職面接で気を付けたいビジネスマナーについて解説します。

    ノックは3回

    面接室に入る際、ノックの回数は3回です。「コン、コン」と2回ノックするのは、「トイレノック」と言われており、ビジネスマナー上、正式なものではありません。

    また、緊張していると、ノックが弱々しくなったり、逆に強すぎて押し入りのようになってしまったりしがちです。

    最初のノックで、「何だか元気がないな」「強引そう」というネガティブな印象を持たれることもあるので、「たかがノック」と軽視せずに、いつでも軽快なノックができるように日ごろから練習しておきましょう。

    語先後礼

    面接室に入ると、まずあいさつですよね。大学名と氏名を告げ、「宜しくお願いします」とやるわけですが、あいさつでは「語先後礼(ごせんごれい)」を心掛けましょう。

    「語先後礼」とは、「先に言葉を発してから、お辞儀などの動作をする」ということです。

    よく「宜しくお願いします」と言いながら、頭を下げる人がいますが、ちょっとそそっかしい感じがします。「語先後礼」を実践すると、動作がビシッと決まって、「出来る人」な印象です。

    なお、お辞儀をするときは、きちんと腰から曲げること。「首だけ曲げる」「相手の顔を見ながらお辞儀する」等は、ビジネスマナーとしてはNGです。

    座り方

    面接は、座った状態で行われるのが通常なので、座っている姿勢は、面接官の心象に響きます。

    あまり深く腰かけず、椅子の前半分くらいのところに腰かけます。女性は膝をそろえ、男性は肩幅くらいに開きます。

    女性の場合、手は膝の中央で重ねます。男性は、軽く握った手を両腿に置きましょう。身振り手振りをするときを除いて、手は定位置をキープ。緊張してもぞもそ動かさないように!

    あごの位置

    あごは上がり過ぎていると生意気に見え、下がり過ぎていると卑屈に見えます。面接時には、下がり気味の人が多いので注意しましょう。

    おわりに

    就職面接で気を付けたいビジネスマナーについてご理解いただけたでしょうか。

    当記事が、あなたの就職活動のヒントになれば幸いです。

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ