\ フォローしてね /

鍋の季節に便利!食材のズボラな保存方法と活用できる三種の神器

鍋の季節(冬)によく使う食材の簡単な保存方法と、便利な3つのツールをご紹介します。この保存方法を使えば、いつでも材料が簡単にすぐに使えるので、お鍋の時期に最適です!

週末にスーパーで大量仕入れして、1週間何も買いたくないような時の大量仕込み作業です。全て作業を終えると冷蔵庫もすっきり充実しますよ。時間もお金も節約できるので、一週間の食生活が楽になりますよ。

三種の神器

  • キッチンばさみ
  • 水切りボウル
  • ビニール袋

キッチンばさみは包丁とまな板を使うのが面倒な時にすごく使えます。ねぎ、きのこ、しそ、青菜などほとんどはさみで切れますよ。錆びにくかったり、食洗器OKなはさみなど色々出ているので、自分に合ったものを用意すると◎です!

水切りボウルは少し大きめで、洗いやすいものがおすすめです。最近はシリコンの折りたたみ型が出てきていますね。収納スペースが少ない方は使いやすいですね。ビニール袋はスーパーにおいてあるようなペラペラのものでOKです。大量に入っているお安いものを揃えておきましょう。

鍋の材料の保存方法まとめ

1:白菜の保存方法

白菜は全て洗って水を切り、一口サイズにカットしてビニール袋に入れて保存しておきます。使いたい時にすぐにサラダや鍋に使えて便利です。長持ちさせたい場合はカットしないでそのまま冷蔵庫に立てて(芯を下にして)置いておきましょう。

2:キャベツの保存方法

キャベツも白菜同様、洗って水を切り、一口サイズや荒いみじん切りにカットしてビニール袋です。長持ちさせたい場合は、芯をくり抜き、キッチンペーパーを濡らしたものを詰めて、ビニールに入れ、芯の部分を下にして冷蔵庫に入れるのがいいでしょう。

3:長ねぎの保存方法

こちらも使いたい時にすぐ使えるように、ある程度の長さにカットしてビニール袋に入れて冷蔵庫で完了です。

4:きのこの保存方法

きのこは基本的に水分を嫌うので洗いませんが、椎茸など傘が大きいものは水洗いして、石づきはカットします。一口サイズにそれぞれカットしてビニール袋で冷蔵庫にいれます。冷凍庫に入れて長期保存も可能で、そのまま炒め物にすぐ使えたりして便利です。

5:ほうれん草、小松菜の保存方法

青菜類は茹でて、水洗いし、水切りし、適当にカットしてタッパーに入れて冷蔵庫保存がおすすめです。タッパーがなかったらビニール袋でも大丈夫です。鍋に入れたり、すぐにバターソテーが作れたりと便利ですよ。

6:ショウガの保存方法

ショウガは洗って(汚れていれば皮を剥き)、小さく数センチ角に切ってビニールに入れておくと、みじん切りにも千切りにもすぐできて便利です。量が多い場合は冷凍してもOKです。

7:しその保存方法

しそは洗って、茎の部分を下に縦にコップに指して入れるような形にし、コップに1センチくらい水を入れてください。ラップや輪ゴムでコップに蓋をし冷蔵庫に入れておきます。こまめに水を変えるようにすれば、かなり長持ちしますよ。

8:しゃぶしゃぶ肉の保存方法

スーパーでお肉が安いな、と思ったらたくさん買ってきてしまいませんか?グラム数の表記があると思うので、大体2人前かな、とか1人前かなという量をビニール袋に分け、冷凍しましょう。使用する時は電子レンジで解凍して使います。

美味しくラクに鍋ライフ!

以上の材料があると、いつでも鍋ができますよね。あとはツケだれをポン酢、麺つゆ、ごまだれ、食べるラー油などあると、すぐに鍋奉行になれます。冷蔵庫すっきり、家計にも優しいズボラな主婦さんにオススメです。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)
(image by 足成1 2 3 4)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。