\ フォローしてね /

やわらかレンコン味噌風味の作り方

このライフレシピのもくじたたむ

レンコンを使って、からだを内側から温める料理のレシピを、ご紹介します。

レンコンを始めとして、根菜を複数混ぜることで、独特の味をマイルドにできるのがポイントです。

野菜が苦手なお子さんや、レンコンやゴボウがニガテという大人でも、自然に食べられるようになるレシピです。

材料

  • レンコン
  • ゴボウ
  • 長芋
  • シメジ
  • 味噌

作り方

じっくり加熱して、根菜すべてを柔らかくします。レンコンも、とても柔らかくなります。

加熱のときに「味噌」を利用するので、レンコンなど野菜のなかまで味噌の味が滲みこみ、柔らかくなります。

STEP1:レンコンとゴボウの下ごしらえ

レンコンと、ゴボウを薄くスライスカットします。

レンコンは、輪切りです。ゴボウはスティック状にします。

STEP2:あくぬき

レンコンとゴボウは、ボールに水をためて、20分間、入れておきます。

あくぬきと、泥抜きの効果があります。このとき、少量の酢を入れるのも効果的です。

STEP3:シメジと長芋の下ごしらえ

シメジは根元部のいしづきを切り落としてから、ひとつひとつを手でばらします。

長芋は、皮を剥き、やや太めのスティック状にカットします。

STEP4:シメジを加熱

フライパンに水を少量入れて、シメジを強火で加熱します。水分が飛んだら弱火にします。

STEP5:煮る

レンコンとゴボウをフライパンに入れます。カップ1杯ほどの水に、大さじ1杯の味噌を溶かしてから、フライパンに入れます。

弱火で加熱し、沸騰したら長芋を入れます。長芋で、レンコンとゴボウにフタをするイメージで入れます。

レンコン、ゴボウ、長芋を30分間、じっくり弱火で炒めます。

STEP6:仕上げ

やや強火にして、残りの水分をすべて飛ばします。水分を飛ばしたら、完成です。

おわりに

歯が心配な年配のかたにも安心してオススメできる料理です。高齢者でも安心して食べられる「柔らかいメニュー」です。

食物繊維が豊富でありながら、とても柔らかく仕上がるので、お夜食にも最適です。

(Photo by 水風 島)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。