1. 趣味
    2. 新郎新婦が喜ぶウエディング写真撮影のコツ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    新郎新婦が喜ぶウエディング写真撮影のコツ

    (花嫁姿の妹)

    身内や友人のウエディングに招かれた時、花嫁さんとの写真や友人との写真など、人との記念写真ばかりになりがちではありませんか?

    今回はちょっと視点を変えて、新郎新婦に贈ると喜ばれる写真を撮るコツをお教えします。

    視点を変えてみよう

    新郎新婦、特に花嫁さんって、ゲストを喜ばせようとして、ウエディング当日までの準備を一生懸命しますよね。そんな新郎新婦の努力をぜひ記念に撮ってあげてください。

    式場・会場に入る前から撮影スタート

    (バルーンアート)

    式場・会場の入り口からすでに新郎新婦の思い入れが散りばめられています。できる限り撮影しておいてあげましょう。

    • 建物全体(その式場を選んだことも新郎新婦の大事な思い出です)
    • 式場・会場の前にある「ウェルカムボード」
    • 記帳テーブルの周りにある2人の写真やウェルカムベアなど

    挙式の前後に式場の雰囲気を撮影する

    (椅子の花)

    挙式中は撮影できないことが多いです。なので、式が始まる前に可能な範囲で撮影しておきましょう。

    • 教会式なら挙式台
    • 椅子に飾られた花
    • 花嫁を待つ、緊張した新郎の後姿

    挙式後は最大のシャッターチャンス!

    (フラワーシャワー後の床)

    挙式後にはシャッターチャンスが山盛りです!

    • 新郎新婦がフラワーシャワーを浴びている時
    • 花嫁さんの後姿(ドレスの後姿も美しいものです)
    • フラワーシャワー後の床面に散らばった花びら

    披露宴会場

    (会場の照明)

    (お料理)

    披露宴会場には特に、新郎新婦の工夫がたくさん散りばめられています。デジカメの撮影可能枚数がいっぱいになるくらい、撮影してあげましょう。

    • テーブルフラワー
    • 座席表やお料理メニューが書かれたレセプションカード
    • お料理やデザート(「マクロモード」でカメラを近づけて撮るとオシャレに)
    • 会場の照明や化粧室(オシャレな会場の化粧室っていいですよね)

    新郎新婦を撮る時は…

    (テーブルフラワー越しの新郎新婦)

    (ドレスのうしろ)

    できれば、自分の隣のテーブルに挨拶に来ている時に、後姿や横顔などカメラ目線でない写真を撮ってあげましょう。

    • 新郎新婦の座るテーブル前にしゃがんで、お花越しに新郎新婦を撮る
    • 誰かと話して笑っている自然な横顔を撮る
    • ブーケのアップや、花嫁さんのヘアスタイルを横から撮る

    クライマックスでは…

    花嫁さんからご両親への手紙を読む時などのクライマックスでは、ご家族や友人の写真を撮るのも素敵な記念になります。

    • 涙ぐむお父さんの横顔
    • 話を聞いている友人の横顔

    撮影した写真をプレゼントしよう

    新郎新婦さんには、専門のカメラマンさんがついて沢山の写真を撮ってもらっているはずですが、それが手元に届くのはだいぶ先のこと…。だからなるべく早く、撮影した写真を贈ってあげましょう。

    いち早く写真を贈ろう!

    ウエディングを終えてほっとしている新郎新婦に、いち早く写真を贈ってあげましょう。とりあえずはドレス姿の花嫁さんや友人とのスナップ写真のデータを送ってあげましょう。

    アルバムにして贈ろう

    できるだけ早めにプリントアウトしてアルバムを作りプレゼントしましょう。背景が黒いアルバムの方が高級感UP。撮影した順に時系列で写真を並べて、すべての写真を贈ってあげてください。

    当日はとても忙しくて細かいところまで目が行き届かなかったり、食事もほとんど食べられなかったりするものです。そんな新郎新婦にとって、あなたが撮ってあげた写真の中にムダなものなんて1枚もないはずです。

    脱、オンリー記念スナップ

    ちょっと長く盛りだくさんになりました。ポイントは「視点を変えて、撮りまくる」です!新郎新婦への最初のプレゼント、ぜひ作ってあげてください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人