1. 料理
    2. うっかり買いすぎた魚の切り身をおいしく保存する方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    うっかり買いすぎた魚の切り身をおいしく保存する方法

    はじめに

    スーパーで安売りされていた魚の切り身を買いすぎて余らせてしまい、使い道に困ってしまうことってありませんか?

    魚の切り身はお肉よりも賞味期限が短いので、買ってきたらその日に食べない分は下処理をしてしまいましょう。

    魚の切り身をおいしく保存するコツ

    簡単なのは「醤油漬け」

    切り身に下味をつけるのに一番簡単なのは、醤油漬けにすることです。

    魚は鮭、鰆、鯖などなんでもOKです。

    漬けダレは醤油2:日本酒2:みりん1です。この漬けダレに切り身を浸し、色が付いたら裏返してタレをしみこませます。

    ある程度タレが切り身にしみこんだら、漬けダレと切り身をジップロックに入れ、しっかり口を閉じてから、平らにして冷凍庫に入れます。

    この時ジップロックを平らにしないと、変な形に冷凍されてしまいますし、切り身が崩れますのでご注意を。

    焼く時は、切り身をジップロックに入れたまま冷凍庫から冷蔵庫に移して解凍してください。

    じっくり時間をかけて解凍されるので旨みが落ちません。

    おいしいのはなんと言っても「味噌漬け」

    味噌にみりんと酒を加えてのばし、味噌床を作ります。

    分量はきちっと量らなくても大丈夫。同量の日本酒とみりんをいつも使っている味噌に混ぜていきます。溶けかかったアイスクリームぐらいのやわらかさまでのばせばOKです。

    切り身にこの味噌を塗りつけ、余った味噌と一緒にジップロックに入れます。この時、切り身に味噌が付いていない部分がないように気をつけてください。味噌が付いていない部分があると、そこから傷んでしまいます。

    ジップロックの口をしっかり閉じて、冷蔵庫で保存します。だいたい翌日から3日ぐらいまでの間に焼いて食べましょう。

    下味をつけるのも面倒な時の必殺技

    味噌漬けも醤油漬けも面倒でやりたくない!という時に使える必殺技があります。

    それは全部焼いてしまうこと。

    切り身が4切れあったとしたら、半分は焼いてその日のうちに食べ、残りはきっちりラップして冷凍します。

    翌日のお弁当に使うなら、冷凍ではなく冷蔵保存でもOKです。その場合は一度火を通してからお弁当に詰めましょう。

    おわりに

    切り身は味付けしてから冷凍すると、味が中まで染み込むのでおいしく食べられます。

    ちょっと面倒かもしれませんが、この保存方法を知っていると、安い時に切り身を多めに買うことができますから、食費の節約にもつながります。ぜひお試しください。

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人