1. 料理
    2. 刺身にも応用可能!貝類を冷蔵庫で長生きさせる方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    刺身にも応用可能!貝類を冷蔵庫で長生きさせる方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    アサリやハマグリなどは、冷蔵庫などで保存しても、日持ちしないですぐに口がぱっくり開いて死んでしまいますよね。そんな貝類を、ちょっとした工夫でぐーんと長生きさせる方法をご紹介したと思います。

    築地の魚屋さんから教えてもらいました。その方いわく、長い時だと1ヶ月以上元気で生きているそうです。

    冷蔵庫で普通に保存すると、2~3日が限度なので、約10倍も長生きさせる事は出来るのですね。

    必要なもの

    • バットなど、平たい器
    • ビニール袋 2枚
    • 輪ゴム
    • 新聞紙

    保存方法

    なるべく新鮮なアサリやハマグリを買って来ます。しっかり口が閉じているものが良いでしょう。買って来たらすぐに、水からあげます。

    STEP1:バットの準備

    バットに氷を敷き、その上に新聞紙を2枚しきます。

    STEP2:貝を置く

    新聞紙の上に貝類を置きます。

    STEP3:ビニール袋で覆って閉じる

    乾燥を防ぐためにビニールを2重にかけ輪ゴムでとめます。

    STEP4:冷蔵庫に入れる

    冷蔵庫の下段の方の、なるべく温度が低い所におきます。氷がとけてしまったら、取替えて同じ手順でしまいます。

    おわりに

    保存方法を工夫するだけで、すぐに死んでしまっていた貝が、とっても長持ちします。

    この方法は、お刺身や海老などを保存する時にも使えます。この場合は、新聞紙なしで保存してください。まわらないお寿司屋さんのショーケースをイメージして頂けると解りやすいかと思います。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人