\ フォローしてね /

猫をかわいく写真に撮る方法

このライフレシピのもくじたたむ

家の猫や町で見かけた猫。可愛いポーズをしているところを写真に撮りたいですよね。

でも、いざカメラを向けると猫がプイっとしてしまったり、カメラのニオイを嗅ぎにきたりして、なかなかいい写真が撮れないものです。

たとえ撮れたにせよ、「実物のほうが百倍かわいい!!」と思っていませんか?でも、写真の撮り方のコツを知れば、超可愛い猫の写真が自分で撮れるようになります。

猫をかわいく撮る5つのポイント

ポイント1:カメラに慣れさせる

お宅の猫ちゃんは、カメラを向けると興味を示してきますか?

カメラに慣れていない猫は、カメラを向けたときに「何コレ?」と興味津々。せっかくのポーズが崩れてしまいます

これを防ぐには、普段からカメラにならしておくこと。ちょくちょく写真を撮っているとだんだんカメラに興味をなくし、自然なポーズを見せてくれるようになります。

ポイント2:たくさん撮る

「ヘタな鉄砲も数うちゃ当たる」方式でたくさん写真を撮りましょう。カメラに慣れさせる意味もあります。

動くものが相手なので、どんな動きをいつ見せてくれるかわかりません。たくさん撮っているといい写真が撮れることがあります。

ポイント3:低い目線から

猫を上から見下ろす形で撮るよりも、猫の目線まで下げて撮ってみましょう。猫を見上げるような写真も面白いでしょう。

ポイント4:お日さまの下で撮る

お日さまの光を味方につけて写真を撮りましょう。猫の毛並みもきれいに写ります。

ポイント5:構図に変化をつける

今まで撮った猫の写真を見直してみてください。いつも同じような写真になっていませんか?

カメラを構える高さや角度、猫との距離、背景などを極力変化させて見ましょう。いろいろな構図で撮っているうちに、猫を可愛く撮るコツがわかってくるはずです。

プロの猫写真家の写真を見て研究してみるのも良いでしょう。

おわりに

お気に入りの猫の写真を壁紙や待ち受け画面にしている人も多いものです。せっかくなので、可愛く撮って写真を見て癒されましょう!

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。