\ フォローしてね /

しまった!服についたシミの応急処置方法

白い服を着ている時に限って、カレーうどんを食べてしまうのはなぜでしょうか?気をつけていたつもりでも、食べ終わったあとには茶色いシミが点、点、点…。

また、子供を育てていると、日々食べこぼしのシミとの戦いでもありますよね。

衣類についてしまったシミは、なるべくすぐに対処しないと後に残りやすくなってしまいます。外出先でもすぐに応急処置をしておきたいものです。

そこで、とっさの時に焦らない、衣類についたシミの落とし方をご紹介します。

シミの種類

シミには種類があります。まずはその種類をご紹介します。

水溶性のシミ

これは、醤油やコーヒーなどのシミです。基本的に油を含まないので、水で落ちます。

比較的水に溶けやすいシミ

血液、果汁、インク、紅茶などのシミです。性質的には水に落ちやすいのですが、それぞれに癖があったり、色素が残り安いので注意が必要です。

応急処置をして色が残る場合は、その後漂泊剤を使うのもよいでしょう。

油溶性のシミ

これは、シミの成分に油を含むものです。油を含んでいますから、水では落ちません。洗剤を使って落としましょう。

化粧品や襟口、袖口の汚れ、カレー、ドレッシング、料理のシミはだいたいこれにあたります。

カレーうどんも、こどもの食べこぼしも、だいたいこれです。

判断がつかない場合

水溶性か油溶性かわからない場合は、シミに直接水を一滴垂らしてみましょう。水が染み込むのなら、水溶性。弾けば油溶性だと思って間違いありません。

応急処置方法

シミをつけてしまった!という時、まず何をしたらよいのでしょうか。

水溶性のシミ

外出先で応急処置の場合は、濡らしたティッシュと塗れていないティッシュを用意しましょう。(タオルやハンカチでも可)

シミがついた部分の裏側に乾いた方をあてて、外側から濡らしたティッシュでトントン叩くようにします。乾いたティッシュに汚れを移していくようなつもりでやりましょう。

その時、シミの中央からはじめてしまうと、シミが薄く広がった輪ジミになりやすいので、必ず周囲からはじめるように気をつけましょう。

油溶性のシミ

油溶性のシミの場合も、外出先では適当な洗剤などありませんよね。まずは水溶性のシミの場合と同じように、水でとんとん叩いておきましょう。

シミがついてすぐなら、それだけである程度落ちる場合もあります。

洗面所などで石鹸があれば、それをちょっと付けて揉んでみるのもよいですが、必ず衣類の素材、取り扱い表示を確認してからにしましょう。

素材によっては、石鹸はもちろん濡らすだけでもよくない場合もあります。必ず確認して、自己責任で行ってください。

シミ抜きペン

とっさのシミにすぐ対処できる「シミ抜きペン」も薬局などで市販されています。

小さいものなので携帯もしやすいですし、油溶性のシミにも対処できるので、持っていると安心ですよ。

これでカレーうどんも怖くない!

とっさのシミにうまく対処して、大切な服を長く着られますように。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。