1. 料理
    2. 特別な日に☆簡単キラキラ宝石ケーキの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    特別な日に☆簡単キラキラ宝石ケーキの作り方

    誕生日やお祝い、バレンタインやクリスマスなどのちょっと特別な時に、見た目も楽しいキラキラ宝石ケーキを作ってみませんか!

    ほとんどお店に売られているものを使っているので簡単&安全です。小さなお子さまと一緒に楽しく作れます!

    準備するもの

    土台

    • お店で売られているカップケーキ(小さいもの)
    • お店で売られているビスケットやクラッカー(カップケーキより小さいもの)
    • 板チョコ(ホワイト)
    • 板チョコ(ミルク)
    • チョコペン(写真の場合は黄緑色)
    カップケーキ及びビスケットは、書きたい文字の数だけ揃えます。「●●くんたんじょうびおめでとう」だと、それぞれ15個づつ。

    飾り付け用

    • ドライフルーツミックス(レーズン・パパイヤ・マンゴーなど)
    • 小さいハート型や星型のチョコレート
    • アラザン大(真珠っぽいもの)
    • アラザン小
    • スプレーチョコ
    • その他金箔などデコレーションに使えるものがあれば何でも

    STEP1 クラッカーに文字を書く

    板チョコを溶かす

    ホワイト・ミルクの板チョコを適当に刻み、それぞれ別の耐熱容器に入れ電子レンジで溶かします。時間は電子レンジにもよりますが、だいたい2分ぐらいです。様子を見ながら、形がなくなり、トロトロになるまで溶かします。

    ビスケットの片面にチョコをつける

    ビスケットの片面を、器の中の溶かしたチョコに付けます。黒・白・黒、としたい場合、半分はミルクチョコレートを、もう半分はホワイトチョコレートをつけます。

    ラップの上にチョコがついていない方を下にして乾かします。

    文字を書く

    マグカップなどの入れ物にお湯を入れ、そこにチョコペンを入れて柔らかくしておきます。(お湯は熱いので注意しましょう!)

    ビスケットにつけたチョコが乾いたら、その上からチョコペンで文字を書いていきます。文字を書き終わったら、ラップに乗せたまま乾かします。

    ビスケットのチョコが乾く前に書いてしまうとにじんでしまい、立体感が出ません!

    STEP2 ビスケットをカップケーキにくっつける

    ビスケットの土台を設置

    カップケーキの上に、少し高さのある飾りを数個乗せます。そしてそれをチョコを接着剤にしてくっつけ、固定させます。

    ビスケットを設置

    飾りが乾いたら、飾りとビスケットにチョコをつけ、ナナメにカップケーキの上に置いて固定します。

    STEP3 飾りをつける

    ビスケットが乗ったカップケーキの余った部分に溶けたチョコレート(ホワイト・ミルクはお好みで)をたっぷりと塗り、そのチョコが乾かないうちに、埋めていく感じでいろんな飾りをバランスよく置いていきます。

    最初に大きめのハートや星なんかを乗せ、空いている部分に小さな飾りを埋めていくとゴージャスにできます!乾かしたら完成です!

    ポイント

    ドライフルーツミックスの中に入っているパパイヤやマンゴーはちょっぴり透明だし、宝石感が出ます。

    アラザンは小さいものと、真珠をイメージした大きいものを準備すると華やかさが増します。

    おわりに

    いかがだったでしょうか。
    全部の文字が集まると、宝石箱を開けたみたいに華やかになります!
    数があるので、みんなで分けられたり、少しずつ食べられたりできて便利です♪

    火を使わないので、安心して作れますので、ちょっと特別感を出したいときにつくってみてください!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人