1. 趣味
    2. 春の日差しの中で桜の花を綺麗に撮るコツ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    春の日差しの中で桜の花を綺麗に撮るコツ

    「春の花」と聞いてすぐに思い浮かべる花はなんですか?

    桜・梅・たんぽぽ・フクジュソウなど、いろんな種類の花が咲き始めますよね。花を撮影するのって、簡単そうで意外と難しかったりします。特に桜の花を撮るときには、どうやって撮影したらいいのだろう?と悩む人もいるのではないでしょうか。

    そこで「春の日差しの中で桜の花を綺麗に撮るコツ」を紹介したいと思います。

    春の日差しの中で桜の花を綺麗に撮るコツ

    太陽光を上手く使う

    桜が咲く頃の太陽の光って、意外と優しいんだよね。その光を上手く使って撮影するといい写真が撮れます。

    曇っていて辺りが薄暗かったり、日陰で桜を撮影すると下の写真のように重い感じになります。

    これだと、せっかく綺麗な桜もイマイチですよね。

    太陽光を順光(撮影する方から被写体の方へさす光)で撮影すると、下の写真のように綺麗に撮ることができます。

    この方法が一般的な撮影のしかたです。

    また、逆光を上手く使って撮影すると下の写真のようになります。

    花びらが透き通るような感じで撮影することができます。

    少し明るめに撮影する

    個人の好みもあると思いますが、少し明るめに撮影すると、いい感じに仕上がります。

    下の写真は、明るさを比較したものです。

    左は明るすぎて、花が白く飛んでしまいました。真ん中は、少し明るめに撮影したもので、右は少し暗めに撮影したものです。

    曇り空でも明るめに撮影すれば、綺麗に撮ることができます。

    明るめに撮影するだけで、写真がずいぶん違いますよね。

    どんな雰囲気に撮影するのか

    桜の写真を撮るのはいいけど、どんな感じで撮影したらいいのか迷うときありませんか?全体を撮るか、花のみを撮るのか・・。

    花を撮影したいのなら、綺麗な部分を強調するような撮影をした方がいいでしょう。下の写真を参考にしてみてください。

    左は見た目綺麗と思って撮影したものですが、なんかゴチャゴチャしてますよね。その点、右は花が強調されていて分かりやすいです。

    おわりに

    参考になったでしょうか?

    太陽の光を上手く使って、素敵な桜の写真を撮ってくださいね。

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人