\ フォローしてね /

夫婦間でストレスをためない方法

大好きだと思って結婚したのに、いざ、生活が始まってみると、相手の言動・行動にストレスがたまってイライラする・・・

「こんな人じゃなかったのに?」 

なんて思ってしまうこと、おそらく、誰にでもありますよね。

そのストレスを抱えたままの生活は本当に苦しいし、イライラしてしまうと、家庭がギクシャクしてしまいます。

ストレスを上手にコントロールして、貯めこまない生活を送りましょう。

夫婦間でストレスをためないために

「違うこと」を認めよう

産まれた場所も、育った環境も全く違う二人が生活を始めて、何もかも同じようにできるわけがありません。

自分にとっては「当たり前」のことでも、相手にとっては「非常識」であることは多々あります。

その際に、「自分の方が正しい!間違っているのは相手の方だ」と思っていると、相手といることがとてもストレスになってしまいます。

自分と相手は違う。

それをしっかり認めたうえで、お互いの意見をすりよせ、自分たちなりの新しいルールを作っていくことが、ともにストレスをためない方法です。

期待するのはやめよう

体調が悪い時など、「すぐに察して、優しい声をかけてくれるべきだ」と相手に期待しがちです。

でも、期待をすると、その言葉が聞けなかった時にショックで、大きなストレスとなってしまいます。

物の感じ方やその時の対応など、自分の思っているようにしてくれると期待するから、ストレスがたまり、イライラが募るのです。

自分の希望は期待して待つのではなく、はっきり伝えましょう。

相手は自分の鏡である

「人間関係は鏡」だと言われます。

自分が好きな相手は自分を好きになってくれるし、自分が嫌いだと思っていると相手も自分のことを嫌いになる。

これは本当のことだと思います。

家庭内でも、ストレスがたまってイライラしていると、不思議と相手もイライラしてきてけんかになってしまいます。

少しくらいストレスがあっても、にっこり笑っていることを心がけましょう。

すると相手も気分が良く、にっこり笑ってくれるはずです。

そうなってくると、家庭の雰囲気は常に良くなり、ストレスが貯まることもなくなってくるでしょう。

おわりに

相手を変えるのは、まず自分が変わること。

私も、周りの人からよく諭される言葉です。

そうはいっても、それができれば苦労はしないというところなのですが、肝に銘じて、ストレスをためない生活を心がけています。

快適な家庭生活のために、一緒にがんばりましょう。

photo 頭を抱え込む女性 by いしだひでヲ

こちらもチェック

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。