1. 料理
    2. ほうれん草のおひたしの作り方と作り置きして冷凍しておく方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ほうれん草のおひたしの作り方と作り置きして冷凍しておく方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    ほうれん草が安いとき、嬉しくてまとめて買ってしまうことはありませんか。ほうれん草を沢山買ってきたら、当日分はお浸しにして、それ以外はまとめて茹でて、冷凍しておきます。野菜が高い時にいろいろな料理に使えて便利です。

    少量のおひたしなら、電子レンジで加熱するのが簡単なのですが、大量にほうれん草を茹でる場合は、ガスでお湯を沸かした方が経済的で、時間も短くて済みます。

    材料 (2人分)

    当日のおひたし分の材料

    • ほうれん草1/2束

    • 鰹節

    まとめて冷凍する分

    • ほうれん草 好きなだけ

    作り方

    STEP1:(当日分) ほうれん草を茹でる

    鍋を火にかける。

    沸騰したらほうれん草を根本の方から入れて、1分程煮る。

    STEP2: (当日分)ほうれん草のあく抜き

    ほうれん草を取り出す。

    水洗いしてあく抜きをする。

    STEP3: (当日分)ほうれん草を水切りして切り、皿に盛り付ける。

    ほうれん草を水切りする。

    根の部分を切り落とし、4等分に切り、皿に盛り付ける。

          

    STEP4: (冷凍分)冷凍しておく分のほうれん草を湯にかける

    ほうれん草を茹でた湯を再び火にかけて、冷凍する分のほうれん草を茹でる。

    鍋に入れる量は多くても、一度に2束くらいまでにする。

    茹でるほうれん草が、それより多いときは2束茹でたら水にさらし、次の二束を湯に入れて茹でるというようにする。

    茹でる湯は最初のその日の分を含めて、3~4回茹でるくらい(合計で6束くらい)は同じ湯で茹でられる。それよりも多い場合は一度湯を変えた方がよいかもしれない。

    STEP5: (冷凍分)ほうれん草のあく抜き

    水洗いしてあく抜きする。

    STEP6: (冷凍分)袋に入れて冷凍庫へ

    あく抜きしたほうれん草はよく水切りし1/2束ごとに袋に入れる。

    袋に入れたほうれん草を冷凍庫に保存する。

    おわりに

    なぜか理由はわからないのですが、ほうれん草を冷凍しておくと、ほうれん草の甘みが増すようです。ほうれん草は冷凍しておけば、1ヶ月くらいは持つので、冷凍しておき、天気が悪くて買い物に行きたくない時や、野菜が高い時に利用します。

    また、冷凍しておいたほうれん草は少し炒めると水分が簡単に飛ぶので、お弁当に入れるのに適しているようです。

    冷凍しておいたほうれん草を解凍しておひたしでも食べられますが、おひたしは、生の葉を茹でた方が歯ざわりがよいです。炒めたり、卵とじにしたり、スープなどで利用した方がおいしいです。

    (photo by nenepi)

    このライフレシピを書いた人