\ フォローしてね /

寒い冬の結露対策でカビ・ダニを防ぐ方法

寒い冬には、どうしても結露が生じてしまいますよね。放っておくと、カビが生える原因になり、どんどん家が傷んでしまいます。また、カビをエサにするダニも増えてしまいます。なので、できることから「結露対策」をしていきたいですね。

今回は「結露対策」について書いていきます。

湿度と温度の関係

「湿度」とは、「空気中に含まれる水分量」です。暖かい空気は水分を多く含むことができ、空気が冷たいと水分量は少なくなります。暖かい空気が冷えると、含むことができる水分量が減り、水滴となるのです。

対策1: 湿度を管理しながら暖房する

湿度と温度を管理して快適なお部屋を作りましょう。湿度が高すぎると結露が出てきてしまいますが、低すぎても乾燥していて嫌ですよね。

部屋の最適湿度は「40%~60%」ですので、これを保つようにします。

湿度計でチェック

部屋の温度は調節しながら暖房をします。では湿度はどうでしょう。冬は乾燥が気になるため、調節というより「加湿するだけ」という場合がほとんどですよね。

「加湿をどのくらいするのか」は湿度計がないと気づきにくいものです。湿度計がない場合は、安価なものでもいいので購入し、こまめにチェックしましょう。

加湿器を使うときは注意

温度が上がると空気中に水分をたくさん含むことになるため、暖房しながら加湿すると、あっという間に湿度が上がってしまいます。くれぐれも、加湿器をつけっ放しにすることは避けましょう。

湿度が上がりすぎたときには、加湿器を止めると同時に、窓を開けて換気をします。加湿器を止めるだけでは湿っぽい空気はそのままです。

暖房を止めた後

暖房を止めた後に部屋の温度が急激に下がると、結露の原因になるので、緩やかに温度を下げたほうが良いです。また、部屋が冷えたらなるべくすぐに、サッシの結露を拭き取るようにしましょう。

対策2: 空気の流れを作ろう

温度にしても湿度にしても、同じ家・同じ部屋の中で、高い場所と低い場所があります。空気の流れが停滞する場所は、湿気も停滞します。

家具の配置をチェック

家具を壁際から離せるところは離すようにします。壁際に湿気が溜まると、内部結露によって家が傷む原因になります。

扇風機をまわす

扇風機をまわせば、暖房も効率よくでき経済的にも助かります。暖房を止めた後も、部屋の温度が下がるまでまわしておきましょう。暖房の風をまわすというより、家の空気を循環させるイメージですね。

対策3: 結露対策グッズを活用しよう

窓に貼るだけの結露防止シートや、結露防止のカーテンを賢く活用しましょう。

おわりに

「湿度を40%~60%に保つ」「部屋の空気を循環させる」この2点に気をつけて、窓には結露対策のグッズを!これだけでも確実に結露を軽減できますよ。

結露を軽減できればカビも生えにくくなり、ダニも増えにくくなります。

今日からでも快適なお部屋を目指して対策しましょう。

(Photo by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。