1. コミュニケーション
    2. 高級レストランでのマナー:骨付き魚の食べ方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    高級レストランでのマナー:骨付き魚の食べ方

    高級レストランでのテーブルマナー、きちんと覚えているつもりでも、食べにくい食べ物が出てきた場合に慌てる人も多いと思います。

    特に高級レストランではお肉がメインだと思ってる人は、お魚がメインで出てきた時には、どうフォークとナイフを扱ったら良いのか悩みますよね。そこで、今回は高級レストランでの骨付き魚の食べ方を教えます。

    フォークとナイフを使った骨付き魚の食べ方

    STEP1:ナイフを真ん中に入れて身を手前に開く

    フォークで頭の方を押さえます。中骨に沿ってナイフを入れていき、身を手前に開きます。

    STEP2:残った身を向こう側へ開く

    フォークで頭の方を押さえたまま、中骨に沿ってナイフを入れていき、残った身を向こう側へ開きます。

    STEP3:表身を食べたら骨を外して、お皿の上(奥)の方に置く

    左側から一口ずつ切って、魚を頂きます。表身を食べ終わったら、骨の下にナイフを入れて、骨を外します。外したらお皿の上側の奥に置きます。

    STEP4:裏身も表身と同じように左側からいただく

    裏身も表身と同じように左側から一口ずつ切っていただきます。食べ終わったら、骨や尾の部分はお皿の奥の方にひとまとめにしておきます。

    おわりに

    お肉の食べ方なら知ってるという方もお魚の食べ方は意外に知らないという人も多いのではないかと思います。

    高級レストランでお魚が出てきた場合に、食べ方のマナーが解ってるのと解らないのでは違いますよね。お肉だと思ったらお魚だった…と恥をかくことのないように、お魚の食べ方を覚えておいてくださいね。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人