1. 料理
    2. ごぼうたっぷりつみれ鍋の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ごぼうたっぷりつみれ鍋の作り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    ごぼうと、白滝のたっぷり入ったつみれ鍋を紹介します。主役はつみれなのですが、ごぼうが入ると美味しさが違います。ごぼうとつみれのハーモニーを味わえる鍋です。

    材料 (2人分)

    • ごぼう1/2
    • 白菜5~6枚
    • つみれ1パック
    • 豆腐1丁
    • 昆布1枚
    • 舞茸1/4パック
    • 醤油大2、オリゴ糖大2(又は砂糖)適宜
    • 水1カップ弱

    作り方

    STEP1: 白菜の下ごしらえ

    白菜は水洗いする。

    縦半分に切れ目を入れ、2センチくらいの幅でザクザクときる。

    STEP2: 白滝の下ごしらえ

    白滝は袋から出し水気を切り塩(分量外、ふたつまみ程)を振る。

    塩をよく揉みこみ、白滝から水が出てきたら、ざっと水洗いし、水気を切る。

    鍋の1/3くらいまで水を入れて火にかけて沸騰したら、水を捨てる。

    STEP3: ごぼうの下ごしらえ

    ごぼうはよく洗う。ビニールの網のネットかアルミホイルをくしゃくしゃにしたもので、皮をこすると、表面の皮が薄くむける。

    斜めに薄切りにする。それを少しずつずらすように置いて千切りにする。

    STEP4: 鍋に材料を入れる

    鍋に、表面の汚れを拭き取った昆布、白滝、白菜を入れる。

    豆腐を8等分して入れる。

    ごぼう、舞茸、つみれを鍋に入れる。

    STEP5: 水と、火にかけ、調味料を入れる

    鍋に水を1カップ弱入れ、中火にかける。

    オリゴ糖大2と醤油大2を加える。

    STEP6: 鍋を煮込む

    鍋を煮込む。沸騰してきたら火を少し弱める。

    全体に火が通り、白菜とごぼうに透明感が出てきたらできあがり。

    おわりに

    スーパーで売っている出来合いのつみれですが、ごぼうとつみれは相性が抜群で、また白滝とも相性がいいです。冬の寒い夜にはとても温まります。

    (Photo by nenepi)

    このライフレシピを書いた人