\ フォローしてね /

キレイで感じのいい魚の食べ方

お魚を食べたあと、お皿がとってもクリーンな人、お皿がゴミ捨て場状態になっている人、どっちが魅力的でしょう?いえ、どちらが知的でしょう? 

同席者や周まわりの人とお互いに楽しく気持ちよく会食タイム、居酒屋タイムをすごすために、魚のキレイな食べ方を知っておくと、カッコよさがアップしますよ。

和食の特色は季節ごとの魚料理が豊富なこと。自然と味覚が肥えて、日本的文化人度も磨かれます。

魚はひっくり返さないのが、最大のマナー

和食での尾かしらつき(1匹丸ごと)の魚は、頭が左、尾が右になるように盛りつけられています。表面からひと口ずつ食べ、ひっくり返さず、そして下面に移るのがキレイな食べ方です。

食卓はサーカス会場ではありません。ひっくり返すと、魚の身がねじれたり、崩れてしまったり、脂が飛び散ったりして、どうしてもお皿が汚れがちです。また、つい奇声を発してしまったり、慌てたり何らかのアクシデントの元になってしまいます。

焼き魚に添えられたレモンやすだち、大根おろしなどは、適時につけていただきます。

筆ショウガ(はじかみ)は、魚を食べたあとの口直しです。魚の臭みを消して、口の中をさっぱりさせるものなので、最後にいただきます。

尾かしら付き焼き魚の食べ方

STEP1

表側の身を、魚の肩口(えらの横部)から食べ始めます。

STEP2

表側の身を、肩口からだんだん右に移動し、尾まで食べます。

途中で出た小骨やヒレ、食べない皮などは、皿の向こう側にかるくまとめます。

STEP3

表側の身を食べ終わったら、左手で頭を押さえ、箸で中骨を持ち上げて、頭と中骨をはずし、皿の向こう側に移します。

STEP4

下の身を肩口から食べて、美しくフィニッシュ!

食べ終わりの皿に残った皮や小骨などは、すべて皿の向こう側に軽くまとめます。

おわりに

魚によっては小骨の多もの、骨から身が離れにくいものもありますが、焦ったり、キレたりしないで、落ち着いて、ていねいに箸を使って、ゆっくり優雅にいただきましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。