\ フォローしてね /

新入社員の配属先での自己紹介のコツ

このライフレシピのもくじたたむ

新入社員として、初めて配属先に行くときはとても緊張しますよね。そして、自己紹介のときには、配属先の人みんなが、あなたに注目します。できればこの自己紹介のときに、みんなにいいイメージを持ってもらいたいですよね。

今回は、新入社員の配属先での自己紹介のコツについて、紹介します。

自己紹介のコツ

明るくはっきり話すのが一番です。緊張するとは思いますが、まっすぐきちんと立って、全体を見回しながら、元気に話すようにしましょう。

配属されて、初めて出勤するときは、いつもよりも清潔感がある服装を心がけましょう。落ち着いた色のスーツに白いシャツが一番印象がいいです。

話すべきこと

名前

元気に挨拶をするようにしましょう。書き方や読み方が難しいときは、それも説明するようにします。名前を覚えてもらえるように、ハキハキと言うようにします。

今日からお世話になります。渡辺太郎と申します。
ワタナベのナベは、簡単なナベ「辺」と書きます。

大学名など出身校名など

出身校を言いたくない特別な理由がない限り、言ったほうが話題づくりにはなりますが、特に必要というわけではありません。初めて来る土地の支店に配属になった場合は、出身地などを言ってもいいでしょう。

○○大学出身です。

配属先の部署が大学の研究と関係があるときには、

○○大学で、専門は××でした。

歓迎会などのときには、大学でやっていたサークルや趣味などを付け足すようにしましょう。

締めの言葉

最後は締めの言葉でまとめましょう。

早く即戦力になれるよう一生懸命頑張ります。皆さんにご迷惑をおかけすることもあると思いますが、よろしくお願いします。

最後に、頭を深々と下げれば、完璧です。

おわりに

緊張するかもしれませんが、大きくはっきりした声で言えば、緊張してても気になりません。しっかりとまっすぐきれいに立って、特に最後の礼も大切なので、手の位置などにも気を配るようにしましょう。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。