1. コミュニケーション
    2. 相手に「なるほど!」と言わせる話術

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    相手に「なるほど!」と言わせる話術

    このライフレシピのもくじたたむ

    いくら説明しても理解してくれない、いくら事例を出しても納得できない人がいます。そんな人でも「なるほど!」と声を高らかにしてくれそうなライフハック。

    「ここは相手に納得してほしい!」というここぞという場面があれば是非活用してください。

    「なるほど!」と言わせる話術

    生活レベルに合わせる

    その人の生活や環境に合った語り口にします。たとえば、ITなどの横文字に慣れてない人には、柔らかい日本語の表現に修正します。

    また、仕事場や見ているメディアによって身に着けている知識や常識も違います。相手に合わせた言葉を選ぶのが重要です。言葉が理解できなければ、異国の人と会話をしているかのように受け止められ、聞く耳を持とうともしません。

    喩える

    相手にとって身近なものや趣味を引き合いにだし、それらの関係性をもちだした説明をします。「Aが冷蔵庫だとしたら、Bは冷暖房のようなものだよ」という風に、その人にとって身近であればあるほどいいのです。それによって、相手は理解していこうという気持ちが高まります。

    違いはあるもの

    人によって考え方、価値感、文化が違っていて当然なのです。違いを馬鹿にせず、知識の違いを「差」と捉えないようにしましょう心のどこかで馬鹿にしていると、それが会話の節々で認知され、相手は理解することをストップするでしょう。

    説得させない

    相手が理解して、「なるほど!」と頷かせることが理想です。知る必要はあっても、相手がそれに傾く必要はないのです。

    どれだけ良い製品も、どれだけ良い人物像でも、それを受け入れさせようと説得しても、逆に反発心が芽生えるだけです。説明は、あまり熱くなりすぎず、なるべく客観的に論じましょう。

    体験談を添える

    理論ばかり語っても、あまりピンとこないものです。「AさんがXXXで、XXXだったから、XXXだったよ」と具体的な体験談を挙げるといいでしょう。これに喩えを交えると、更に理解が進むことでしょう。

    おわりに

    なんだかんだ言っても、相手への気遣いや心配りが十分なら、説明不十分でも伝わるときはあります。結局、相手に対してどう接してるかが肝要ですね。

    Twitterで紹介!

    (image by PIXTA)

    このライフレシピを書いた人