\ フォローしてね /

ブラジャーを正しく選ぶ方法

女性には欠かせないブラジャーですが、正しい選び方を知っている方は意外と少ないのではないでしょうか。自分に合ったブラジャーをしていないと、着けていて苦しかったり、胸の形が悪くなってしまったりという弊害もあります。

正しいブラジャーの選び方について、ご紹介しますのでぜひご一読ください。

正しいサイズの測り方

お辞儀をしながら測る

ブラジャーに必要なのはアンダーバストとトップバストのサイズです。アンダーバストに関しては、水平に測ることができればどのような図り方をしてもかまいませんが、トップバストはお辞儀をしながら図ることで正しいサイズの情報を得ることができます。

腰を90度に折り曲げて、胸が真下を向くようにして測りましょう。立ったままの姿勢で測ると、胸が下垂するためどうしても小さな値が出てしまいがちです。

悩みを解消するブラジャーの選び方

背中の肉が気になる

ブラジャーの背中側には、ずれを防止するためのテープが使われている場合が多いのですが、このテープがないものを選ぶと背中の肉が目立ちにくくなります。

胸が小さい

カップにパッドがついているものや、しっかりと補正して形がきれいに見えるものを選びましょう。カップ部分が厚めにできているものを選ぶと大きく見えやすくなります。

胸が大きい

カップ部分の作りが薄く、すっきりとしたものを選ぶと胸が目立ちにくくなります。胸がすっぽりと中に入ってしまうタイプのものを選ぶのも効果的です。

左右の胸の大きさが違う

最近では、パッドもいろいろな形や大きさがでていますから、いろいろなものを試して大体同じくらいに見えるように調整してみましょう。パッドを入れるポケットがついているタイプのブラジャーを選ぶと便利です。

サイズの選び方

新しくブラジャーを買うときには店員さんにサイズを測ってもらうのが理想的ですが、それができない場合や今使っているブラジャーが正しいかどうかを判断する場合には以下のポイントを確認してみてください。

アンダーサイズの選び方

まずは、つけているときに背中や胸の下に痕がつかないかを確認してみてください。痕がつくようならばそのサイズは小さすぎです。

次に、ブラジャーをつけているところを真横から鏡で見てみます。その時にブラジャーのラインが床と並行になっているのが理想的です。背中側が上がっている場合、そのアンダーサイズは大きすぎです。そのサイズよりワンサイズ下げると呼吸が苦しいという場合には、カップの大きさをワンサイズ大きくすると楽に感じられることが多くなります。

カップサイズの選び方

アンダーバストのサイズを正しく選んだうえで、息苦しくないもの、胸とブラジャーの間に隙間があかないものを選んでください。胸とカップの円周が一致するものを選びましょう。

おわりに

ブラジャーを正しく選べば、胸だけではなく背中や姿勢まで綺麗に見えるようになります。

Twitterで紹介!

(image by ryanking999 / PIXTA(ピクスタ))

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。