\ フォローしてね /

鮭の炊き込みご飯を作る方法

このレシピの生い立ち・おすすめ理由

なかなか魚や根菜を食べてくれない家族に、混ぜご飯系はよく作ります。でもそれだけではなくて、炊き込みご飯の一番良いところは、半端な材料を一掃出来ることですね。

今回は少しだけ残ったニンジンと、2切れだけ残った鮭と(我が家の人数では塩焼きには少なすぎるのです)、2本だけ残ったちくわ・・・などを使っています。

材料 

  • 米 3合
  • しょう油 みりん 酒 各大さじ2
  • 鮭 2切れ
  • ちくわ 2本
  • ニンジン 1/3本
  • ごぼう 1/4本

  • ゴマ、(あれば)細ネギのみじん切り 適量

鮭の炊き込みご飯の作り方

STEP1:ごぼう、ニンジン、ちくわを切る

ごぼうはささがきが良いのでしょうが、野菜嫌いの家族のために、泣く泣くピーラーを使ってひらひらにしています。酢水に放してアクを抜きます。

ニンジンは細切り、ちくわも細かく切ります。

STEP2: 鮭の骨を除く

鮭の骨はできるだけ除いておきます。それか、炊き上がってからのほうがはずしやすいかもしれません。でも、炊き上がったらすぐ食べたいので、私は先に大きな骨ははずします。

STEP3: 炊く

米を炊飯器に入れ、調味料と水を3合の線まで入れます。それから具を入れて、普通に炊きます(炊き込みモードなどにしなくても大丈夫です)。

完成!

炊き上がったら、鮭をしゃもじで崩しながら混ぜ込んで(皮も簡単に粉々になります)茶碗につぎ、ゴマと(あれば)細ネギをかけます。

きのこ類もあったら入れるとおいしいです。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。