\ フォローしてね /

皮パリパリ!具ホクホク!餃子を美味しく焼くコツ

専門店で出される餃子って本当に美味しいですよね。家庭で焼くと何だか物足りないと感じる方もおられるのではないでしょうか?

美味しさのポイントは具材の味はもちろん、餃子の焼き方も美味しさを左右する大きなポイントになりますよね。家庭でもお店のような皮がパリパリで具がほくほくの仕上がり出来ると嬉しいですよね。

家庭でも餃子を上手に焼き上げるコツを紹介します。

餃子を上手に焼くコツ

STEP1:フライパンを温め揚げ焼きにする

温めたフライパンに大さじ1~2の 油をひいてよく熱してください。フライパンが温まったら餃子をフライパンに並べます。

油の量が多すぎるように感じるかもしれませんが、揚げ焼きするようなつもりで大丈夫です。

STEP2:お湯を加えて蒸し焼きにする

フライパンに触れている面に焦げ目がついてきたら、だいたい1/2カップのお湯を加えて素早く蓋を閉めてください。

お湯が入るとかなり油がはねるので火傷などしないように十分、気を付けてください。

STEP3:水分が無くなり焼き目が付いたら完成

強火で蒸し焼く感じで加熱していきます。フライパンの中の水分がなくなり餃子に焼き目がついたら取り出しましょう。

チリチリという音がし始めたら焼き上がりです。仕上げにごま油を餃子の上に回し掛けするとよりパリッと仕上がります

STEP4:焼いてる間にタレを作る

酢6に対してしょうゆ4の割合で混ぜ合わせ、お好みでラー油を加えると簡単に餃子のたれも作れますよ。

必ず身につけたい技!

ポイントはお湯を加えること。そして揚げ焼き蒸し焼きの2つの手順に気を付けることです。

この方法で生の餃子も冷凍の餃子も上手く焼けると思いますが、冷凍の場合は加えるお湯の量を気持ち増やしておくとより美味しく焼けると思います。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。