1. 趣味
    2. ボウリングでカーブ球を投げるコツ

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ボウリングでカーブ球を投げるコツ

    仲の良い友達グループで、ボウリングで遊ぶのって楽しいですよね。でも「せっかくやるならカーブ球を投げて、ちょっとカッコいいところ見せてみたい…」なんてこっそり思っていませんか?ちょっと難しそうですが、コツさえつかめば様々な角度やスピードのカーブ球を出せるようになっちゃうかもしれません!ポイントは腕の出し方やボールの持ち方。ひそかに身につけてスコアをアップさせ、周りの人をあっと言わせてみましょう!

    ボウリングの球を投げた直後から大きなカーブを描いて転がっていく投げ方がカーブ球です。この球は横の回転がかなり速く、ピンをはじき飛ばす力がきわめて大きいのですが、曲線が大きいだけにコントロールが難しいものです。

    腕の出し方、球の落とし方、スピードの違いなどでさまざまな角度の弧のカーブ球を投げれるようになってきます。そんなカーブ球の投げ方のコツをご説明しましょう。

    カーブ球の投げ方

    STEP1

    カーブを投げるためには、ボールに大きな横回転を与える必要があります。そのため中指と薬指の指先を使い、力を入れて引っかけるようにします。

    STEP2

    球を持った手をうしろに振り上げて投げ、ひざの付近を通過すぎる時、親指の位置が足に対してほぼ直角の方向(時計で例えると9時~10時の方向)を向くようにします。そして中指と薬指がアプローチの床面とほぼ垂直になるようにします。

    この状態のまま、球を手のひら全体で抱きかかえるようにしながら進みます。

    STEP3

    少し早目に親指を抜いた後、大きな回転を与えるような気持ちで中指と薬指を指穴に引っかけながら抜いていきます。

    STEP4

    球が落ちたら、腕を左の方に移動させます。

    カーブ球を投げるためには、手首の強さと球をしっかりとつかむ握力が必要です。

    何度も練習することが大事!

    ボウリングは老若男女を問わず、本当に多くの人が楽しめるスポーツです。健康のためにも過激な運動量ではありませんから楽しみながら続けることができますね。カーブ球は始めはむずかしく感じるかもしれませんが、何度も練習をしてコツをつかんでくると意外と簡単に投げられるようになります。

    さあ、ボウリング場へ行ってプレイを楽しみましょう。

    (image by amanaimages)
    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人