1. 料理
    2. オヤツやオツマミになる!ブロッコリーと鮭の蒸し焼きの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    オヤツやオツマミになる!ブロッコリーと鮭の蒸し焼きの作り方

    このライフレシピのもくじたたむ

    ブロッコリー料理のレシピを、ご紹介します!

    ブロッコリーは、カロテンとビタミンCが豊富な野菜です。ぜひ、旬の季節に味わいたい食材です。

    今回は、ブロッコリーと鮭の蒸し焼きを、ご紹介します。オヤツにも、オツマミにもなり、美味しく味わえます。

    盛り付けるときは、ちょっと見た目を「たこ焼き風」に仕上げてしまうのがコツです。

    材料

    • ブロッコリー(メインです)
    • ニンジン(旨味を出します)
    • メークイン(型崩れしにくい)
    • 玉ねぎ(小さいものでOK)
    • オリーブオイル(大さじ1杯)
    • ひじき(マヨネーズと相性が良いです)
    • 鮭の缶詰(塩味。中骨つきや紅鮭がオススメ)
    • かつをぶし
    • マヨネーズ

    作り方

    STEP1:ひじきを水戻しする

    ひじきを水で戻します。戻す時間は15分~20分です。

    STEP2:ブロッコリーを洗う

    ブロッコリーを洗います。ブロッコリーが水をはじくように感じたなら、それはブロッコリーが新鮮な証拠です。

    ボールに水を張り、ブロッコリーを水に入れて、水の中でブロッコリーを、手でフルフルと振ってください。

    残留農薬が気になるひとは、水に塩を、ひとつまみ入れるのを忘れずに。

    STEP3:ニンジンとメークインと玉ねぎの下準備

    ニンジンとメークインを、お好みで皮をむいて下準備します。

    玉ねぎは、皮と芯を取り除いたあと、ざっくりとした大きさでカットしておきます。

    STEP4:野菜を炒め始める

    フライパンにオリーブオイルを大さじ1杯入れます。

    まずニンジンとメークインと玉ねぎを中火で3分炒めます。そのあと弱火にしておきます。

    ブロッコリーの準備をしている間に野菜は柔らかくなって、オリーブオイルに旨味が溶け出してきます。ここでの「旨味」が、ブロッコリーの味を引き立てる効果に役立っていきますよ。

    STEP5:ブロッコリーを分ける

    ブロッコリーを分けます。まず「房」と「太い茎」に切り分けます。

    ブロッコリーは「小房」が寄り集まっています。「房」を、この「小房」ごとに、分けておきます。このときは手でパキッと折れば大丈夫です。

    太い「茎」の部分は、表皮をザックリと切って落としたあと、やわらかそうなところを使います。

    STEP6:ブロッコリーの茎を切る

    太い「茎」の部分は、薄切りカットにします。大根やカブのような食感を楽しめます。

    戻している時間に、野菜の下準備をするとスムーズです。

    STEP7: ひじきを加える

    ひじきをフライパンに加えます。

    STEP8:ブロッコリーの「茎」を加える

    ブロッコリーの「茎」を薄切りカットしておいたものを、フライパンに加えます。

    STEP9:ブロッコリーの「小房」を加える

    ブロッコリーの「小房」を、フライパンに加えます。

    このとき「芯(茎)」のほうを下にして、すでにフライパンに入っているニンジンや玉ねぎに差し込むように入れるのがポイントです。

    STEP10:鮭缶を加える

    鮭缶を開けて加えます。鮭缶のスープ(液体)は、若干多めですから、全部は入れないほうが良いでしょう。

    フタをして弱火のまま蒸します。

    このときの蒸し時間が「7分以内」なら、ブロッコリーはシャキッとして食感を楽しめるものに仕上がります。

    「10分~12分」なら、ブロッコリーは、フカフカに柔らかくなります。

    ブロッコリーに抵抗のある大人や野菜が苦手な子供には、フカフカ柔らか仕上げがオススメです。

    STEP11:ブロッコリーを先に皿に取り出す

    ブロッコリーの「小房」を先に皿に取り出してしまいます。余熱でブロッコリーの形が崩れてしまわないためです。

    すぐに食べない分は、ラップしておきましょう。

    STEP12:盛り付け

    お皿に盛り付けます。

    マヨネーズを細く出して、少量かけます。

    かつをぶしを振り掛けます。完成です。

    おわりに

    ブロッコリーの「小房」は、加熱後はフライパンから取り出しておくのが、「形」「味」ともに崩れさせないコツです。

    ブロッコリーの「茎」は、そのまま他の野菜や鮭と一緒にしておくと味がしみこんで美味しくなります。

    (Photo by 水風 島)

    このライフレシピを書いた人