\ フォローしてね /

予定を英語で書くだけの簡単英語勉強法

お仕事をしている方も、学生さんも、主婦の方も、手帳を持っている方って多いと思います。持っていれば、予定を書き込んだり、確認のために開いて見てみたりしますよね。そんな手帳を活用して、英語を勉強しちゃいましょう。そう、手帳に英語で予定を書いてみませんか?

今回は手帳を活用した英語の勉強の仕方をご紹介します。

単語を英語に変えるだけ!

例えば、「企画会議 10時~ 2階会議室」という予定を書くとします。これを

「Planning Meeting 10:00 a.m.- at 2F Meeting Room」

と英語にします。

でも、スペースが足りない場合もありますよね。特にマンスリータイプの手帳を使っていたら、こんなに書けません。

そこで、こんな風に省略してみます。

  • 「Planning Meeting」 → 「P.Meeting」 「P.MTG」
  • 「10:00 a.m.」 → 「10 a.m.」 「10:00」
  • 「at」 → 「@」
  • 「Meeting Room」 → 「M.Room」 「M.R.」

この結果、

「P.MTG. 10:00- @2F M.R.」

くらいに短くすることができます☆

私の場合をご紹介

マンスリータイプの手帳を使っている私の場合、1日のマス目が小さくいので、とにかく短くすることを考えて書いています。

  • 「病院 午前9時」 → 「9:00 [Hosp.]」

“Hospital”を“Hosp.”と略して、四角で囲んでいます。

  • 「国立西洋美術館でデート」 → 「Date @ NMWA」

“The National Museum of Western Art”の頭文字で“NMWA”に。

  • 「マリコとランチ」 → 「Lunch w/ Mariko」 

“w/”はwithを略して。

  • 「化粧水を買う!」 → 「化粧水 Must Buy!」 

化粧水は“Moisturizing lotion”とさすがに長く、略してしまうとわからなくなりそうなので、日本語のまま書いています。

他にも、どうしても私は「am.」「pm.」という表記に慣れなかったので、時間は24時間の時計表記で書いたり、同じ名前の友人がいるので、“利恵's B.D.”、“里枝's B.D.”など名前は漢字のまま書いたりしています。

とにかく英単語にしてみる!

手帳には日常のことを書き込む機会が多いので、日常の単語をとにかく英単語にして書いてみることが、手帳で英語を勉強するポイント!

何より、手帳は自分しか見ない訳ですから、間違うことを恐れずにとにかく英単語で書いてみるといいと思います。また、自分さえ分かればいい!と割り切って、略してしまうのもありだと思います☆

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。