\ フォローしてね /

圧力鍋を使った簡単で美味しいカレーの作り方

忙しいけど、美味しいカレーを作りたい人へ

圧力鍋を使って,簡単に美味しいカレーを作り、なおかつ次に使う分の下ごしらえもついでに出来てしまうという、忙しい人にぴったりの調理法をご紹介します。市販のルーを使いますが、ちょっとしたコツによりびっくりするくらい美味しくなります。

用意するもの

  • 市販のカレーのルー
  • 玉葱
  • 人参
  • お好きな肉
  • 缶ビール(発泡酒でも何でも)
  • 固形コンソメ、水

STEP1

玉葱、人参を大きめに切り、半分くらいの水と固形コンソメを2,3個入れます。写真のように、大雑把に切っても大丈夫です。
圧が上がって、シュッシュッとなったら火を弱めて15分くらい加熱し、その後、冷えるのを待ちます。

STEP2

圧力鍋が冷えてから蓋を開け、今回使う分を残して残りは保存容器に入れて冷凍します。冷凍したものは、次回解凍して次の工程から同じように調理することができます。

STEP3

ここで缶ビールを鍋にあけて煮込みます。これが美味しさのコツです。写真ではわかりにくいですが、ビールを入れるとシュワシュワしてちょっと楽しいです。

STEP4

同時進行で肉を焼きます。肉は、焼いた後ルーの中に入れても横に添えても、どちらでも大丈夫です。

STEP5

市販のルーを入れて仕上げます。玉葱は、ルーと一緒に煮込むときに、ほとんど溶けてしまいます。お店のカレーみたいと好評ですし、ルー自体にも、玉葱のコクが溶け込んでいっそう美味しくなります。

STEP6

おしゃれに盛り付ければ、見た目からも美味しそうな感じがアップします。彩りも考えて、ちょっとでも何かをプラスすると、ますます美味しそうになります。大皿にいろいろあわせて盛り付けてしまうのが、後片付けを楽にするコツです。

おわりに

いかがでしたか?こんなに簡単なのにほんとに美味しく出来るんですよ。次の分のベースも出来ていますので、次はシチューにしてもいいですよね。忙しいけれど、ちょっと一手間かけて、でも簡単に、なおかつ美味しく作りたい、そんな人への応援レシピです。

Photo by 著者

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。