\ フォローしてね /

これさえあれば大丈夫!自衛官と話が弾む専門用語7選

街中でふと出会うことがある自衛官ですが、せっかく会話を始めても専門用語が飛び交って何がなんやら…という経験はありませんか?

ここでは、自衛官との会話で多く登場しそうな用語をいくつかご紹介します!

自衛官が日常会話で使用する専門用語

「WAC(ワック)」「WAVE(ウェーブ)」「WAF(ワフ)」

それぞれ、「WAC=女性陸上自衛官」「WAVE=女性海上自衛官」「WAF=女性航空自衛官」を表します。

ちなみに、「WAC=Women's Army Corps」「WAVE=Woman Accepted for Volunteer Emergency Service」「WAF=Woman in the Air Fouce」となります。

自衛官が「部下のワックが~」と話したら「あぁ、部下に女性がいるんだなぁ」と判断できます。

「ゲリコマ」

「ゲリラ・コマンドー」の略。他部隊に「敵役」を演じてもらい、実戦に近いかたちで行う訓練のことです。

自衛官が「明後日からゲリコマでさぁ~」と言っていたら「明後日から本格的な訓練をやるんだなぁ」と思い、いたわりの言葉をかけてあげましょう。

「武装走(ぶそうそう)」

戦闘用具一式を背負ったまま、道路や山などをひたすら走り続ける訓練のことです。背負う荷物は小銃や鉄帽のほか、野宿ができるだけの道具が入ったリュック(10K程度)などがあります。

「武装走の大会に出ることになったんだ!」と言われたら、「すごいね! 重いものを持ったまま走れるなんて!」と感激しましょう。

「ハイポート」

道具一式を持ったまま、短い距離をダッシュし続ける訓練です。特に新隊員や訓練隊員に課せられる訓練です。

「毎日ハイポートやってるんだよ~」と言っていたら、「この人は新隊員か訓練隊員なんだなぁ」と判断できます。

「技曹(ぎそう)」

通信や偵察など、特殊な技術を身につけた「曹」の階級層の自衛官をいいます。勤勉で、とても真面目なタイプが多いといわれています。

「上官が技曹なんだ」と言われたら、「優秀な上司なんだね、恵まれているんだね!」と返しておきましょう。

他にも自衛隊の階級には士、尉官、左官、将官があります。

「台風」

上官が教育の一環として、新隊員の部屋を嵐が去ったあとのように荒らすことをいいます。地域によっては「ストーム」と呼ぶところもあるようです。

「昨日、部屋に台風がきててさぁ」といわれたら「せっかくきれいに整理整頓していたのに、ひどいよね!」とねぎらってあげてください。

「煙缶(えんかん)」

自衛隊内で使用されている灰皿のことをいいます。

「煙缶とってくれる?」といわれたら、そばにある灰皿を渡してあげましょう。

おわりに

いかがでしたか?これさえ覚えておけば、自衛官に出会っても会話が弾むこと間違いナシです。ぜひ、覚えてくださいね。

(image by amanaimages)

関連レシピ

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。