\ フォローしてね /

中学英語で会話はほぼOK!英会話力UPのEASY勉強法

英語ぺらぺらってワケでもないけど。中学校を卒業している人なら、旅行会話はもちろん、外人と友達になって日常会話はそれなりに楽しめます。なぜって、普通の会話では中学英語の単語で十分なのです。

私は、EASYな方法で英語に慣れ、毎年New Yorkに行ってもいろんな人と コミュニケーションがとれていますよ。セントラルパークのレースにも参戦したときも、事務所での登録、現地での受付質問ほか、すべて中学英語とジェスチャーでコトを運びました。

音読の意義を知る

音読は、スピーキングの最強トレーニングです。つまり、誰かと話すということは、英語を自分の口から出すこと。音読を繰り返すことで、英語を話すことに口が慣れ、さらに耳で英語のリズムに慣れていきます。まずは、 簡単な会話本を1冊用意しましょう。

1日5〜10分は、音読を

外国語は使わないと、出てきません。用意した会話本を、1日1ページでも音読を。そして、カレンダーに実行できたら○をつけて記録します。1週間に5個の○をめざしましょう。

中1動詞を、最大活用する

表現できる範囲が広い基本動詞を、使えるようにしましょう。

Come,Get,Give,Go,Have,Keep,Make,Put,See,Take

など少数の動詞を自由に使いこなせることが、英会話上達の最短コースです。

コツは動詞の基本的な意味をおさえて、熟語として覚えること。

【例】

Get 基本的な意味は、どんなものでも自分のものにすること
Get old 年をとる
Get experiance 経験を積む 
Get a living 生活費を稼ぐ
Get a cold 風邪をひく

などGETひとつで100以上の表現が可能ですよ。

英語で日記を書く

短くてもいいので、英語で日記を書きましょう。英文を書き慣れることで、つづりに詳しくなるだけでなく正確な英語が身に付き、話すときにも役立ちます。

そもそも会話は人と話すこと

誰かと話すことで英会話は磨かれ、自信がつきますし、また自分の英語が通じるだけでうれしいものです。英会話喫茶でもいいし、道案内の看板前に立っている外人でもいいので、月に1回くらいは外人と話してみましょう。

外人さんとチャットでも、それも楽しいかも。中学英語で好みのベーグルと飲物セットも、ラクラク注文できます。

Everyone Enjoy!

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。