1. コミュニケーション
    2. 面接でよく聞かれる質問

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    面接でよく聞かれる質問

    質問の効果的な回答とは・・・

    ライバルとどう差をつけるかがポイント。
    「コンパクトかつ具体的」に「熱意」を持って転職活動に挑みましょう!

    面接でよく聞かれる質問5つのタイプ

    1-経験について

    具体的に数値化しましょう。
    実績などの数値を盛り込んで、他者とどこが違うのか、この人を取らないと損をすると思わせましょう。
    エピソードを5、6コ用意し、どんな質問がきても対応できるようにしましょう。
    【ヒント】自分の業務を誰かに引き継ぐと仮定した時、心配する部分が自分の得意分野です。

    2-転職(退職)理由について

    「感謝とパッケージ」、「次の仕事への使命感」を醸し出しましょう。
    転職理由をキラキラとした瞳で話せることができるようになれば問題ないでしょう。

    ※ただし、あまりにもキレイすぎる内容で話してしまうと、
    「本音は他にあるのでは」と疑われてしまいます。
    「やりたかったこと、それが現職(前職)で出来なかった理由」もしっかりと話せるようにしましょう。

    3-志望動機について

    主に2点について話せるようにしておきましょう。
    ・会社に対しての「興味」「関心」「共感」する部分を固有名詞で20コ用意する。
    ・将来の自分のためになることを今していて、それが入社するとより実現できることを伝える。
    (もちろん会社にも貢献できる内容で。)

    4-将来像について

    会社に入った後をイメージさせやすいように、伝えるようにしましょう。
    特に5年後10年後どうなっていたいか(20代前半であれば3年後5年後)を、
    具体的に話せるよう事前に考えておきましょう。

    5-問題解決力について

    「失敗談は?」「短所は?」と聞かれることの多い質問です。
    問題点が発生した時、どう認識し、どう解決していくかを問われています。

    最後の難関、『何か質問ありますか?』

    入社をしたいことが伝わるように、前向きな質問をしましょう。
    また具体的な質問が多いと採用担当者が入社後のイメージをもちやすくなります。

    関連ライフレシピ

    このライフレシピを書いた人