\ フォローしてね /

樹脂粘土・軽量粘土で作るスイーツデコパーツの作り方(アイスクリーム編)

はじめに

今回は軽量粘土を使ったアイスクリームを作ります。誰でも楽に作れるよう、今回は色をいれなくてもいいように、白いアイスクリームを作って説明します。

樹脂粘土・軽量粘土で作るスイーツデコパーツの作り方(アイスクリーム編)

必要なもの

  • 軽量粘土:100円ショップで買えます。
  • 竹串:100円ショップで買えます。
  • 絵の具(アクリルまたは水彩):色をつけたい場合は使用します。
  • 粘土スケール:手芸屋・画材屋などで500円くらいで売っています。軽量スプーンでも代用可能です。
軽量粘土は水に弱いため、パーツを使う部分に応じて、水分から守るために仕上げにニスを塗ることをオススメします。

STEP1:粘土を適量出してこねます。

軽量粘土を取り出し、手でこねます。

色をつけるときは、ここで粘土に極々少量のアクリル絵の具・水彩絵の具をつけて、こねましょう。

粘土を折りたたむようにして、表面をわざとガサガサ・ボソボソにします。ここがアイスっぽさが出るコツです。

STEP2:粘土スケールで型をとります。

粘土スケールや軽量スプーンを使って、形を整えます。ぎっしりいれると1のボソボソがとれてしまうので、気をつけてください。

STEP3:取り出して、周りを整えます。

竹串を折り曲げ、トゲトゲした部分をワザと作ります。

粘土スケールから取り出したら、周りの部分を竹串のトゲトゲで整えていきます。

STEP4:乾かして完成です。

1日~2日ほど乾燥させたらできあがりです。用途に応じて、ニスを塗りましょう。

おわりに

今回は粘土で作るスイーツデコパーツの一番簡単なアイスクリームをご紹介しました。是非色んな色で作って、遊んでみてください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。