1. 料理
    2. 「塩ネギ長芋」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    「塩ネギ長芋」の作り方

    このレシピの生い立ち・おすすめ理由

    ねぎを使った「塩ネギ長芋」を、ご紹介します。

    風邪予防効果に長ネギを食事に摂ることは有名だと思いますが、そこに「長芋」を加えることで、根菜である長芋の「からだを温める」効果も狙います。

    旬の野菜を取り入れることで、1年を通じて利用できるレシピです。

    今回は、春先に美味しい「ハーブのような春菊」も加えてみます。さらに、みずみずしい「水菜」も加えて、シャキシャキとした食感も楽しめるようにしました。

    材料 (2人分)

    • 長ネギ1本
    • 春菊1把
    • 水菜1把
    • 長芋(約15cm相当)
    • ツナ缶1缶

    塩ネギ長芋の作り方

    STEP1:長ネギを切る

    長ネギの茎部分を、輪切りの状態に切ります。ここでは「斜め」には切らずに、「まっすぐ」に切ります。

    斜めに切らずにまっすぐに切るので切断面が狭くなりますので、それだけ長ネギの栄養と旨味がネギ本体に閉じ込められます。

    長ネギの芽先である緑色の部分は、細かく切ります。この部分は斜めに切ります。

    STEP2: 長芋を加熱する

    長芋を加熱します。長芋は輪切りにせず、「縦方向」を活かして切りましょう。四角い感じにそろえます。

    フライパンに長芋と、長ネギの「茎」の部分を入れて、じっくりと20分間、弱火で加熱します。

    春菊は「固い茎の部分」を入れておきます。

    STEP3:緑の野菜を加える

    緑の野菜を加えます。焦げないようにツナ缶を利用します。ツナ缶の野菜スープ成分が、ほど良い塩分と旨味のもととなります。

    ツナ缶のスープを蒸発させる感じで炒めます。中火で煮立てて、強火で水分をとばします。

    完成!

    おかずにも、夜食にも、おつまみにも最適です。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人