1. 趣味
    2. 英語の抵抗感を無くすための洋楽リスニング法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    英語の抵抗感を無くすための洋楽リスニング法

    日本で生活していると、英語を使う機会は非常に少ないですよね。

    そのため、「英語を話すことができない」という人も多いかと思います。また、「学生時代は書いたり読めたりはしたけど、今はもう無理だ・・・」、という社会人の方もたくさんいらっしゃるかと思います。

    英語を「話す」にも、「書く」にも「読む」にもそれなりの特別な勉強というものが必要かもしれません。

    しかし「聞く」ことに関しては「洋楽」が好きな人にとっては楽しみながら学べるのではないかと思います。

    筆者は英語を話すこと・書くこと・読むことはとても苦手ですが「聞く」に関しては得意で、英語に対する抵抗感もありません。

    個人的には「聞けるようになれば抵抗感はなくなる」と思っています。

    そこで今回は「英語を聞けるようになる」という点で効果的な方法をご紹介したいと思います。

    スタンダードな洋楽を聴く

    洋楽は洋楽でも、どんなものがいいのか分からない、という人もいらっしゃるかと思います。今回は、最初に聞くべきお勧めスタンダード洋楽を幾つかご紹介致します。

    ビートルズ/1

    最もスタンダードかつ最高の洋楽アルバムです。比較的スローテンポな曲が多いので、最初はこのアルバムをエンドレスに聴いて、耳を慣らしましょう。

    バックストリートボーイズ/グレイテスト・ヒッツ- チャプター・ワン

    バックストリートボーイズのエキスが凝縮されたアルバムです。これはビートルズの1よりもテンポの良い曲が多いので、最初は何を言っているのか、わからないかもしれません。しかし、注意深く何度も聞けば、どんな英語を話しているか、わかる様になるはずです。

    テンポの良い曲を聴く

    さて、スタンダードかつスローテンポな曲で耳が英語に慣れてきたら、次はテンポの良い曲を聴いていきましょう。

    Sum 41/Underclass Hero

    内容はもうわしゃわしゃな感じで、めっちゃロックです。これはそう簡単には聞き取れません。しかし、繰り返し聞けば何とか単語を拾う事が出来るはずです。

    linkin park/faint

    これはとにかく、凄まじいテンポですので、何度も聴く事が大切です。これが聴き取れたら、既に英語への抵抗等、潜在意識の中から消え去っているはずです。歌詞カードを見ながら英語を追う、という形でも効果的だと思います。

    最後に

    私は英語の専門家ではありませんが、英語の勉強のため、耳を慣らすためにも洋楽を聴くというのは、自分自身の経験上、非常に良い方法だと思います。

    何よりも英語への抵抗を無くすというのは英語を習得する上で非常に大切です。

    まずは、そこからスタートしてみてはいかがでしょうか。

    このライフレシピを書いた人